**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2006.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2006.09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバー百景(1-C)

メンバー百景 1-C
「予想通り、俺の配牌は八種十牌で一出来面子という陥穽模様の配牌だった」
「カンセイモヨウ…?」
「落とし穴、罠だよ… 一見何かになりそうだが、決して成就はしない…
手なりに進めれば誰かの和了を助けるだけの結果になるような牌模様さ」
私はバーテンからメモ帳を借りて記憶に残る牌姿を書き出して見せた。

④⑦⑧⑨⑨19一一白発東西

「中が無かったから…こんな感じだったろう」
グラスを拭きながらメモを覗いていたバーテンが、
「配牌を見ただけで何かわかるんですか?」と、首を傾げて訊いてきた。
吉田の鼻がニンマリ広がる。
「解るんだよね、俺らクラスになると」
私は思わず噴出しそうになったが…こらえて付け足した。
「麻雀バカになるとマトモな人間には見えないものが見えるようになるのよ」
「麻雀バカ…ですか…」
このバーテンはニューフェースで馴染みは無いが、賢そうな若者だ。
ニヤリと頷くバーテンに吉田の鼻が一段と膨らむ。
「バカじゃないよ、バカズよ、麻雀の場数を踏んでるとね、経験がね、
 勘がね、働くわけよ、ほら、よく言う流れってわかる?」
「ええ、デジタルとかオカルトとか…」
バーテンが話に喰いついちまった。酔った吉田の悪癖を知らないのだ。
マズイ流れだと思ったが止めようが無かった。
「バカだねぇ、わかっちゃないね、流れってのはオカルトじゃないの」
「いや、僕も流れは有るんじゃないかと…」
「デジタルって何よ、確率とか統計とか数字を並べて澄ましてるけど、
 あれって定石と同じでしょうが、それも基本中の基本ね」
「デジタルは定石ですか…?」
私は天井を仰いで目を閉じた。バーテン!それ以上、蜂の巣を突くな…
「あのね、百人の軍隊と十人の軍隊が戦う時、あんたならどっちが
 勝つと思う?」
「それは百人いる方が…」
「だよね、それが常識で定石なの。で、あんた織田信長って知ってる?」
「僕、名古屋出身ですから…」
バーテンは馬鹿にするなというように少しムッとして答えた。
「あ、そう、俺は九州の出なのよ、内緒だけど…」
内緒なら言うなッ!でも、田舎の話に替わるならその方が救われるが…
「そうか!桶狭間の戦いですね?」
あああ…バーテン!おまえは何で名古屋なんかで生まれたんだッ!
おまえは、おまえはバベルの塔に火を着けて、油を注ぐ気かぁ!
「へえ…、君って意外に賢いねぇ。そう、どんな戦いも、戦うってことは
 定石を無視することから始まるんだ。十対一で一が必ず負けるというなら、
 なんで戦うのよ? 初めから戦う意味なんか無いだろう?」
「戦う意味ですか…」
「桶狭間では、天運地運時の運、つまり天候地形時刻全部信長に味方した、
 だから数千の兵で数万の今川軍に勝てたってわけだ、運の力だよナ」
「ええ、知ってます」
「じゃ、ゲンコウってしってるか?」
「ゲンコウ…?」
「昔、俺の田舎、九州の内緒ね、そこに中国の元って国が攻めて来たのよ」
「ああ、その元寇ですか…台風で敵の船団が全滅したという」
「いいねぇ、知ってるねぇ、そう、あれだってね、運が…」

もう止まらない、吉田の話は延々と続くのだ。
源平の合戦から第二次大戦の戦況まで…歴史上の勝負に関わる運の話が…
普段は大人しい男がこの手の話になると飲むほどに酔うほどに饒舌になる…
実は吉田の悪癖、運の話には私にも多少の責任が有るとは思っている。
ずっと以前に、卓上における運気流について語り合ったことがあるのだ。
その時、話の流れで運命論から精神論、人生観にまで言及してしまったが
彼は運を絶対のものと位置付けることに異常な喜びを示していた。
それから歴史物語や軍記、兵法書や戦術書の記述から自分の思考に合った
事例を拾い集めては、運に対する持論を展開するようになったのだ。
聞かされる方は迷惑だが、否定するような話でもない。個人の見解なのだ。
運の正体を定義し証明する方法は、残念ながらまだ無いのだから。

が、なぜ彼が運命論的見解に熱弁を振るうのかは正直理解できなかった。
不思議に思っていたが、何度か聞かされているうちにふと気付いたのだ。
彼が持論を熱く展開する時、決まって故郷や親子関係の話が添えられる。
「人間は親や国や時代を選んで生まれることなど出来ないだろう?」
といったような話から、俺だって…と身内や故郷の話題が入る。
それで氷解したのだ。彼の精神は病んでいるのだと…無意識の奥底で…
彼が故郷を捨てた事情…過去の不始末の詳細は知らない。
しかし、彼が犯した何事かで被害を受けた人々がいるのは確かだろう。
そんな被害者達にたいする罪悪感から逃れたいのだろうと思った。
そして何よりも過去の事件での自分の責任を転嫁したいのだと…
俺は運が悪かっただけだ。能力もあり人一倍努力もしたはずだ。
運は絶対のものであり、あの結果は運命でどうしょうも無かったのだと。
彼の心中で燻り続ける罪悪感が救いを求め逃げ場を探しているのだろう。
それが運命論を説く心因なのだ。宗教に近いものかもしれない。
彼は善良な人間だと思う。そして弱い人間なのだと…。

「どうしたのォ…またヨシちゃんの難しい話ィ?」
ママが背後から羽交い絞めするように抱きついてきた。酔っている。
アルコール満タンで火照った頬を私の耳に摺り寄せながら
「なんなの、これ…?」
細くしなやか指で、メモ帳の配牌の数列を指差した。
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

メンバー百景(1ーB)

夏は海や山に行ってワイワイ汗を流して遊ぶ季節です。
クーラーが利いていて涼しいからといって、
室内に篭ってパソコンや麻雀をしていても指の運動にしかなりません。
まあ、指だけでも運動するなら良いか…  
食う寝る男爵よりはマシかも…んで、前回の続きを書くことにします。

メンバー百景 1-B

「俺、どう考えても納得…できま…せん」
工藤君は既に泥酔気味で、呂律が回らなくなっていた。
「またその話かい、いい加減にしなよ」
隣の席でママを相手に冗談を飛ばしていた主任の吉田が振り返り
私に困ったという苦笑をみせて、工藤君のグラスを取り上げた。
「もう済んだ事だろうが… 呑み過ぎだよ、呑み過ぎ、帰って寝なッ」
同席していた他のメンバー二人に目配せして、一緒に連れ帰るように促した。

メンバー達が帰った後、急に店が混みだした。
ホステスを連れた客が二組、総勢七、八人が続けて来店したのだ。
ボックス席が二席に5人掛けのカウンターのみの狭いスナックだ。
私は気を遣い席を譲って帰ろうとしたが、ママに引き止められた。
「まだいいじゃない、カウンターで…」席を移して飲み直せという。
ホステスが私達のボトルを手早くカウンターに移動する。
吉田もママに手を引かれグラスを持って後に続いた。
吉田とは、彼が九州から歌舞伎町に流れてきた頃、雀荘で知り合った。
故郷の町を捨てたのは家族を巻き込んだ借金のトラブルだったらしいが
詳しい事情は聞いて無い。訊いても話しはしないだろう。
長い間、住民票の移動を躊躇していた。おそらく債権者からの逃亡なのだ。
有り触れた話だ。歌舞伎町のメンバーには過去を背負った人間が多いから…

「しかし、工藤の話… 本当なんですか?」
「本当って?」
「国士無双を見逃して、工藤を狙い撃ちしたって…」
「…あの時はおまえも店にいたじゃねえか」
「でも、俺はレジにいて、見てなかったから…」
「……」
「自摸り四暗刻なら解るけど…国士の見逃しなんて…」
「考えられんか…」
「いや… 天羽さんなら… 解らない…」
確かにあの役満は、誰の目にも不審な和了に見えたに違いない。
振り込んだ工藤君にとっては特に納得できない放銃だろう。
吉田は先刻『またその話か』と言っていた。
私の居ないところで何度もメンバー達の話題になっていたのだろう。
「あの国士は…見逃したわけじゃ無いんだ…」
「え?」
「上家の北じゃ当たれなかったんだよ」
「山に手をかけてたからですか? なんで役満聴牌で先自摸なんか?」
「先自摸ってのは言い訳だ。俺が聴牌してたとなぜ解る?」
「だって、上家の北を見逃して、赤五萬を自摸切りしたんでしょう?
 だから、工藤はその赤五萬をチーして通ったばかりの北を切った…」
「ロン!役満… ふふ…工藤君、狐に摘まれたような顔をしていたナ」
「あれ以来、天羽さんはおかしいって、悪態ついてブーたれてますよ」
「ははは、まあ、そんなもんだろう、気持ちはわかるよ」
「でも、見逃したのかノー聴だったのか、本当にどっちなんですか?」
「ノー聴だった。ヤオチュウ牌なら何を引いても聴牌する一向聴だった…」
「え…?」
「おまえも俺の国士の作り方は知っているはずだ…あの時も…」 

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

メンバー百景(1ーA)

私には歌舞伎町で仕事をしている友人知人が沢山いる。
年齢も職種も様々だが、麻雀業界の人間が多いのは間違い無い。
古い友人の場合はその前職時代に知り合った者も少なくないのだが
大半は雀荘で出会ってからの付き合いであり、麻雀を介しての交友になる。
彼らはそれぞれの職場、職域で、日夜、麻雀を打ちながら暮らしている。
今、この時刻も…
麻雀打ちの仕事がゼロサムのギャンブルだとすれば、彼らは不条理世界の
過酷な戦場で生き残ってきた、ある意味では優秀な人間だといえるだろう。
日々麻雀を打って生活をしているという意味ではプロとも認めたい。
しかし、戦場に生きる戦士は敵を殲滅してしまえば職を失うことになる。
勝つ事も負ける事も許されない戦士に安住の地は無く、終の住処も在りえない。
麻雀打ちの多くは永遠に戦場を彷徨う傭兵の宿命を背負って生きているのだ。

そんな傭兵雀士の一人に工藤君という現役がいる。
メンバーや裏メンとして歌舞伎町の雀荘を渡り歩いて十年以上になるはずだ。
最近は雀荘では会っていないのだが、メンバーが集うような飲み屋で偶然に
顔を遇わすことがある。歌舞伎町が狭いと感じる一瞬だ。
最近聞いた話ではコマ劇場近辺の雀荘で働いているとのことだった。
私は長い間に出入りした雀荘の数が多過ぎて、彼と初めて出合った場所が
何処の誰の店だったのか、今ではまったく思い出せないのだが…
彼が新人メンバー時代に私に向って言った言葉は記憶に残っている。

「俺、天羽さんの麻雀がわかりません…」

彼が麻雀に夢中でその手の読書好きだということは聞かされていたが
友人の部下という以外に特に存在を意識するようなメンバーでは無かった。
雀歴や職歴も知らなかったし、知りたいとも思わなかった。
だが、彼の方は好奇心が旺盛で私を特別な目で見ていたらしい。
牌捌き…麻雀牌を私ほど自在に操る人間は見たことが無いとか…
それは裏技の為の手練で、私にとっては後遺症のようなものなのだが。
そんな牌捌きをする男の麻雀がどんな麻雀なのか…
彼は立ち番の時は出来る限り私の後方に立って観察を続けていたという。
知っていた。背後で首を傾げている視線を私は何度と無く背中で感じていた。
そして、数ヶ月が過ぎたころ。例によってメンバー達を誘っての酒宴の席で、ほろ酔い加減の工藤君の口から前述のセリフが飛び出したのである。
私も少し酔っていたと思う。グラスを持ったまま話に乗ってしまった。
「解らないって…なにが解らないの?」
「打ち方が変ですよ。おかしいです」
「そう…?」
「そうです。普通じゃ無い。考えられない。有り得ない。メチャクチャ」
「ははは…、そうかも知れないね。でも、麻雀は四人で打つものだから…」
「他の人のは解ります。上手い奴も下手くそも見てれば解ります」
「工藤君、麻雀を外から眺めて解るようなら、
 その人間は一流の上に超が付くと思うよ」
「え…? でも普通わかるでしょう? 上手いか下手かぐらいは…誰でも」
「まあ…ネ、 で、俺は上手いのか下手なのかどっちなんだ?」
「それが解らないんです…」
「ははは… それじゃ、俺は下手なんだよね、きっと…」

私には彼の疑問の種が判っていた。彼の雀歴は決して浅くは無いだろう。
その頃でも、手牌と卓上の展開、捨て牌模様からの判断による打牌選択は
計数感覚で瞬時に割り出せるくらいの能力は身に付けていたと思う。
だから私の打ち筋が納得いかない、理解できないということなのだ。
その夜、彼は酔いに任せて私の不可解な打牌を思い出すままに並べ立て
同席の仲間を巻き込んで解説を加えながら絡み続けた。
いわく、普通なら(つまり彼なら)聴牌、和了していた。振り込まなかった。
何故あんな異常な打牌をしたのか?理由は?その心は?といった類の詰問だ。
しかし私は彼の指摘するそれらの局面をほとんど覚えてはいなかった。
それが私にとっては何の違和感も無い当然の選択だったからだろう。
そう? 覚えてないなぁ…? 忘れたよ… 只の思いつき、気紛れかも… 
麻雀は4人で打つものだからねぇ…一打一打で判断が変わるから…
私の曖昧な応答に苛立ちを見せながら酒を煽り続けていた彼は、やがて…
「天羽さん…この前の国士…あの時は…」
数日前の役満の話… 彼が本当に知りたかった質問を投げ掛けてきた…

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。