**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2006.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2006.11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバー百景(1-G)

吉田が指摘した小手返し…
あの国士狙いの局面で、私はそれを一度だけ使用していたのは確かだった。
捨て牌に筒子の出来面子を落とさなければならなかったからだ。
序盤に⑨pin9m.gif ⑦pin7m.gifと捨てて、すぐに⑧pin8m.gifが手出しでは異臭を放つ。
pin8m.gifを失敗形の自摸切りだと装うために小手返しで打ち捨てたと思う。

あの局の摸打の詳細までは思い出せぬが、微かな記憶の糸を辿ってみよう…


私は馴染みの雀荘では、待ち時間があれば集計表に目を通す。
その一連の記録から、ゲーム中の卓の位相を観察する。
勝敗の分布に極端な偏りが無ければ問題は無い。
しかし、明らかに異状であればその原因を考査する。
連勝や連敗のパターンから、四分の一のバランスが一対三で崩れているのか、
それとも一対一の因果なのか、対局者の相性や席順によって偏っているのか、
あるいは個人の技量や器量、気迫の差異などによって偏倚しているのかを
集計表のデータから判断する。
天気図を見て気圧配置や勢力分布、前線の停滞状況を読むようなものだ。
暴風雨の拡散や軌道修正が効くものかどうか、その偏り具合が問題なのだ。

あの日、工藤君の勝率は異常だった。いわゆるバカズキというやつだ。
私が店に顔を出すやいなや、早番の責任者の吉田が集計表を差し出し
「これ… 今日の工藤、半端じゃ無いっすよ…」
工藤君の連勝パターンを指差しながら苦笑する。

彼は出勤直後に遅番と交代して本走し、徹夜明けの客を相手に三連勝していた。
昼過ぎに客が増え、二卓に伸ばされている。
相手が替わり、卓を移動し、場所が変わっても勢いは落ちてない。
連勝が目立ち、ラスを一度も引いてないという驚異的な成績だった。
相手のラス目は分散している。つまり彼の独壇場で一対三のカッパギ状態だ。
彼の麻雀は元々ラスを引かないことを第一とするような麻雀だったから、
その分、取れるトップを逃してしまう割合も多いのだが…
あの日は違っていた。
「アゲマンの彼女でもできたかな…?」
「ハハハ、なら良いけど、それは無い、百パーあり得ない」
「なんで?」
「毎日24時間、ずーっと一緒にいますから…」
「彼は通いだろう? 一人でアパート借りてるって…」
「帰るのが面倒だって、ここんとこずっと寮に寝泊りしてるんです」
「そうか…寮じゃ女は無理だよな、ハハハ」
ハハハ、と笑っていられたのは、
工藤君と交代して卓入りするなら問題は無いと思っていたからだ。

が、数分後に彼の「ラストー!」の声と同時に上家の客が席を立った。
常連のビデオ屋の番頭だ。イカツイ風貌だが決して性悪な客では無い。
普段は大人しく、金にも綺麗な男なのだが…
「足りねえ分は、借りだ…」
預かり金の引換証を兼ねた銭籠を卓上に投げ出して席を離れる。
二連続でラスを喰らい、最後は飛ばされてパンクしてしまったようだ。

ビデオ屋は吉田が慌てて差し出したおしぼりを手の裏で払い除け
「ひでぇ場所だ…やってらんねえよ…」
荒々しくドアを閉めて帰ってしまった。

私は嫌な予感に襲われていた。
「天羽さん、お願いします…」
吉田が差し出す銭籠を受け取りながら、もう一度集計表に目を通す。

「今回、場所替えですから…」
この店は客の要求があれば四回戦ごとに場所替えをする。
私は場所へのこだわりなどは特に無い。要求したことも皆無だ。
風水の吉凶などは意に介さないが…

問題は工藤君と交代するという事前の予測が外れてしまったことなのだ。
危惧は私の思惑と現実の状況が参戦前からズレているという凶兆だ。

工藤君の運気の強さはやはり尋常ではなかった。
場所替えは風牌の掴み取りで決めるルールだった。
伏せた四枚の風牌を、席替えを要求していた者が最初に掴み取る。
そして前局に要求したのは、たった今帰ってしまったビデオ屋だったという。
だから、私が最初に牌を捲ることになった。
指で弾いた牌は「北」だった。対面が「南」。上家が「西」を引いた…

卓の中央に裏のまま一枚残った開けずの「東」を放置して、
「移動しますか?それともこのままで…」
工藤君が余裕の表情で問いかける。

「俺ぁ、ジタバタしねえよ…」
対面の常連客の板前が鼻で笑って、リセット・ボタンを叩いた。

工藤君の自信に満ちた横顔と現ナマで溢れんばかりの二枚重ねの銭籠を横目に、
私はタバコをくわえ、俯き加減に火を着けた…
しばらくはブリザードの中での苦しい戦いになることを予感しながら…

スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

流転の牌譜(5)

俗に言う「小手返し」とは、読んで字のごとく小手先の返し技のことである。
技自体は単純なもので、山から自摸ってきた牌と手牌中の不要牌を
瞬時に入れ替えるだけの行為であり、イカサマと呼ぶようなものではない。

本来は手出しの牌を自摸切りだと錯覚させるための偽装工作の演技なのだ。
手出しの牌で手牌の構成を看破されてしまうような達者への対抗手段だが
他者の手の内など意に介さない僥倖依存型の雀士が相手では意味が無い。
役作りより聴牌速度、手成り棒聴リーチの懸賞期待を是とする麻雀では
無意味な動作であり、手慰みにしかならないだろう。
只、先自摸が横行する場では、ポンが入った時に先自摸していた有効牌を
不要牌とすり替えてズルをすることは可能だが、コソ泥の所業だ…

小手返しに関しては面白い思い出が沢山あるのだが…
その中から展開の記憶が鮮明に残る一局を上梓する。

雀荘は似たような店、似たような客が多いので何処の店かは忘れたが、
多分、中央通りのビルにあった結構広い店だったと思う。
その時は私の後ろで二人のメンバーが観戦していた。
当時の私は小手返しと二枚の牌を指で弾いて鳴らす「鳴子」が癖になっていた。
摸打が速い分、手持ち無沙汰であり、上家が遅いので先自摸もしていた。
その局の私の手牌は三色同順の一向聴で、すでに手役は決まっていた。

456④⑤⑥⑦⑦⑦⑧四六白
sou4m.gifsou5m.gifsou6m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin8m.gifman4m.gifman6m.gifhakum.gif

この牌姿から、摸打の遅い上家を無視しての先自摸を続けていたが、
数巡後に持ってきたのが、忘れもしない最高形となる夢のキー牌、
待望の赤五萬man5redm.gifだった。

私の小手は無意識の一瞬でその牌を三枚目に送り込んでしまっていた。
456④⑤⑥⑦⑦⑦⑧四(赤五)六白
sou4m.gifsou5m.gifsou6m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin8m.gifman4m.gifman5redm.gifman6m.gifhakum.gif

そして、その時、突然下家から一際高音の「ポン!」の声が掛かったのだ。
今、上家が捨てた發hatum.gifに鳴きが入ったのだ。
下家の捨て牌は索子の混一模様だった。
8索sou8m.gifが切り出された。一鳴き聴牌もあり得る。

私は後ろで観ていたメンバー達を振り返って、顔を顰めて苦笑する。
『ツイてねえよなぁ…』と同情を誘うパフォーマンスだった。
彼らも『あ~、かわいそうに…』と目を閉じて天を仰いで応えてくれた。

そして事件は起きた…

私は泣く泣く手牌の中から赤五萬man5redm.gifを抜き出して、山に戻そうとしたのだ。
正直に…手牌の三枚目から…
だが…
「兄ちゃん、それじゃねえだろう…」
対面の客が、しわがれ声でクレームをつけてきた。
確かラーメン屋だったと思うが、柄が悪く陰険で嫌われ者の親父だった。
私は先自摸をしている手前、返答に窮してしまった。
「自摸ったのはこれだけど…」
「そんな中のヤツじゃなく、その端の牌だよ、そいつをよこせよ」
「……」
それは捨てようとしていた白hakum.gifで、私にとっては願っても無いことだが…
私は又、後ろを振り返ってメンバーを窺い見た。
二人とも視線を外して素知らぬ顔をしている。
仕方が無いので、私は赤五萬man5redm.gifを残して手牌の端の白hakum.gifを山に戻した。
親父の態度には少しばかりカチンときたが、それで良いなら好都合だ。

私は親父のお陰でタンピン三色を赤五萬入りで聴牌してしまった…
③⑥⑨筒⑧筒の待ちだが…
まずいことに下家が發hatum.gifを鳴く前、つまり8索sou8m.gifの前に③筒pin3m.gifを捨てている。
自摸番を飛ばされて牌の入れ替えも無いはずの私が聴牌しているということは、
一巡前にも聴牌していて、その③筒を見逃していたということになるのだ。
つまり自分の自摸番を経過しないと出和了はできないことになるのだが…

対面の親父は私が渡した生牌の白hakum.gifを手にして一瞬首を傾げていたが、
hakum.gifは捨てずに手牌の内から⑧筒pin8m.gifを切り出してきた。
私は躊躇しなかった。
「ロン!断ヤオ三色、赤ドラで、マンガンの一枚…」
平然とロンをかけて、堂々と手牌を開いてみせた。
親父は困惑の眼差しで私の手を凝視する。
そして何かを言おうとした時…
「畜生っ!白は何処にあるんだよっ!」
突然下家が手牌を倒し、残りの山を崩して検めだした。

67899中中中白白   副露=發發發
sou6m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou9m.gifsou9m.giftyunm.giftyunm.giftyunm.gifhakum.gifhakum.gif    hatum.gifyhatuhatum.gif

9索と白待ちの大三元の聴牌だった。

私をはじめ親父も上家も、しばし無言でその聴牌形を眺めていた。
下家が山を崩し終えたのを見て、
「白はここだよ…」
親父がぼそりと呟いて手牌を倒した…
手牌の端に純白の牌が二枚並んでいた。
「対子だから…出やしねえよ」
私の手から渡った白は親父の手の内で対子になっていたのだ。

ということは、まともな展開であれば白はまだ双方の孤立牌のままで、
時を経ず、私か親父が白で下家の大三元に放銃していたことになる…

不発の役満に悔しがる下家… 
ことの次第、結果の綾に困惑しながら満貫分の点棒とチップを払う親父…
そして、先自摸の小手返しからの意外な結末に胸を撫で下ろす私…

気を取り直し、リセットボタンを押して振り返ると…
後にいたメンバー二人が袖引き合って、一緒にトイレに駆け込むのが見えた。
どこか遠くで腹を捩って笑い合う声が聞こえたような気がしたが…
それは私の気のせいだったかも知れない…


テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

流転の牌譜(4)

答えの続きですが、その前に一言…

私は麻雀の小説やエッセイなどは好んで読みますが、
他人様の書いた戦術書や理論書、裏技の解説書の類は
二十歳を過ぎてからはほとんど読んだ記憶がありません。
雑誌のなかでもその手の記事は飛ばしてしまいます。
映像の類も「麻雀放浪記」の映画は封切時に観ていますが、
他の雑多な麻雀関連のビデオなどはほとんど観てはいません。
それで少々気になったのですが…
この仕込み技は、遥か昔に私が雀荘に篭り独自に工夫したものですが、
たかが麻雀牌12枚を操作するだけの単純な手品の種です。
他の方も同様の方法を思いついていたかも知れません。
すでに万人が衆知の技だとすれば不明を恥じ入るばかりです。
ご容赦のほどを…

では、

前回までは表(牌の裏)から見ても判らないということを示す為に、
種牌と屑牌を区別しませんでしたが、これからは区別してみます。

現在はこの形になっています。
色の濃い部分が種牌です。
         ura2maigreiura6renura2maigreiura2maigrei
         ura2maigreiura2maigreiura6renura2maigrei

次の手順は、左右の手で同時に6枚ずつの屑牌を拾ってきて
右手で下段へ、左手で上段へ横にスライドさせながらセットします。


ura6ren ura2maigreiura6renura2maigreiura2maigrei
         ura2maigreiura2maigreiura6renura2maigrei ura6ren


ここでまた、勢い余ってズレてしまうのです。なぜか二枚分…(笑)

         ura6renura2maigreiura6renura2maigreiura2maigrei
     ura2maigreiura2maigreiura6renura2maigreiura6ren


まだこの後の説明が必要な方は前回から読み直して下さい。
いや、寒いですからコタツに入ってお休みになるのが良いかも…

積み込みとはパターンの理解修得ではありません。
いかに自然に違和感無く仕込めるか…それが総てです。
この仕込を見抜けるのは同じ技を使えるプロだけでしょう。
プロは相手の積み込みに対して通常は咎めだてはしないものです。
自分も積むし、山を積み込んだだけでは用をなさないからです。

四暗刻爆弾というのは本来はコンビ技です。
サイコロ二度振りの場で、親が仕込んで10の目を出し
相棒の南家が5の目を出す。合計で15ということで、
親の配牌取り出しは南家の山の左端からになります。
親が自山に仕込んだ牌は全て南家に送られる仕掛けです。

玄人はダブル役満のような大技の自作自演はまずいたしません。
通常の客を相手にしての独演会は小技の連係で充分だからです。

一期一会の殺しに掛ける場面なら大鉈で鎬を削る修羅場もありますが…

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

流転の牌譜(3)

前回の問題の答えを…
画像容量の都合で途中までですが…


種牌の12枚に…
右手で6枚の屑牌を足します。
                       ura6ren
ura6renura6ren

同時に…列が長くなるので…
左手で6枚を前に出して…
ura6ren
         ura6renura6ren

重ねて二列にします。
      ura6ren 
       ura6renura6ren

ここまでが左右の手でのワンアクションです。


右手で下の列を左に押し込みながら
左手で6枚の屑牌を拾って上の列に重ねてセットします。
ura6ren
            ura6ren 
      ura6renura6ren

一瞬、二列のセットが完成しますが…
      ura6renura6ren
      ura6renura6ren

勢いで少しズレてしまいます。(なぜか2牌分です)

        ura6renura6ren
      ura6renura6ren



仕方が無いので、ズレた分を上げ下げして…(決して戻してはいけません)
     ura6renura6ren
    ura6renura6ren 

もう一度、二列のセットに仕上げます。
    ura6renura6ren
      ura6renura6ren

テンプレがおかしいので…後は次回に…

流転の牌譜(2)

メンバー百景の続きの前にチョット補足の脇道へ…

私が麻雀を覚え、そこそこに打てるようになったのは高校に入ってからだった。
バンド仲間の大学生たちにも負けたく無いと思いながら相当に励んではいたが、
ギャンブラーや麻雀打ちになりたいなどとは夢にも想いはしなかった。
その頃の私には若者らしいそれなりの夢や希望があったということだ。

が、それらはやがて度重なる環境の変化によって断念せざるを得なくなる。
私は成人式を待たずにドロップアウトを余儀無くされ、独り放蕩を決め込んだ。
友人宅を転々とし、毎日パチンコや雀荘に通い続け、遊ぶ金が底をつけば
借金を重ねるか軽いアルバイトで糊口を凌ぐような生活に耽っていた。

今思えば世間知らずの甘ったれ小僧が世を拗ねていただけ…
ただそれだけの根性なしの生き様だったが…

そんな根無し草のような荒んだ生活を送っていた十代のある時期に、
ある雀荘で、ある男の麻雀に出遭ってしまう…

その男の麻雀は私にとっては前代未聞、不思議の国の麻雀だった。

たとえば、男がリーチをかける。そして私が打牌に迷っていると、
「それを切るとアタリだよ、いや、それも駄目…うん、それは通す」
私の手牌の捨て牌選択に苦笑を浮かべて忠告してくるのだ。
そんな馬鹿な…と男の言葉に逆らって打牌を選べば
「なんで切るのよ…ウラが暗刻だから倍満だよ…」
見えないはずの私の手牌も、裏ドラさえも男にはガラス張りなのだ。
私はいいようにあしらわれ、弄ばれている自分が情けなくて腹が立ったが、
どんなに眼を凝らし、注意して視ていてもカラクリが解らない。
ある時は、男にトイレ代走を頼んで、戻ってみると配牌が伏せてある。
席に着いてその配牌を開くと三暗刻ができていた。白發中の三暗刻が…
神業としか言いようの無い裏技の妙技に、私は完全に圧倒されてしまっていた。
麻雀の次元が違う…
驚愕は畏怖となり、やがて熱い憧憬へと昇華した。昇華…なのか?
そして私は決意する。麻雀のプロになろうと…

男は新宿の外れで小さな雀荘を経営するマスターだった。
そして看板筋からも声が掛かるほどの名代のゴト師でもあった。

私はいつかその男の店に棲みつき昼夜の別無く麻雀牌と格闘を始めていた。
だが、興味本位で跳び乗った行く先知れずの列車は次第に常軌を外れ、
やがて、剣呑なケモノ道を迷走する地下路線にまで乗り入れることになる。
裏社会に続く扉が音も無く開いていった…触れれば開く自動ドアのように…

卓上に於ける玄人の牌捌きには、それなりの意味がある。
牌捌きは、いたずらに流麗さを誇示するだけの演技では無いということだ。
演技なら、むしろ、ぎこちない手つきで客を安心させた方が良いのだが、
それでは、肝心の裏技を使う段になってなにかと支障をきたすことになる。
玄人の牌捌き、言葉、目線の誘導には逐一計算された企図があるのだ。
それは客を相手に眼の前でテーブル・マジックを演じるマジシャンの技だ。
カードやコインを掌中で自在に操り、その所在さえ悟らせぬ絶妙の技。
牌の魔術師はカードやコインの代わりに牌を使った手練で客の目を欺く。
ゴト師とは卓上の奇術師だ…
話術、装術が巧みで、牌はもとよりタバコ、ライター、指輪、ハンカチ、点棒、
手近に在るありとあらゆる物を演技の小道具として利用する。
常時二枚の牌を手にしてカチカチとリズミカルに音を鳴らすのも、
配牌の山取りを片手で瞬時に処理するのも、自摸牌を手牌の奥に送り込むのも、
自山を前後左右に押し出し引き寄せ移動するのも、河を頻繁に整理するのも、
総ては演技での牌音や不自然な動作に違和感を抱かせない為の布石なのだ。

卓の内外に仲間を配したコンビ技はサクラを使った奇術のようなもので、
息の合ったコンビなら数種の「通し」を駆使して声を出さずに会話ができる。
(「通し」とは符丁や指標、暗号サインのことです。ローズとも)

あらゆる奇術は種と演技によって成就する。
麻雀の場合の種、つまり積み込みのパターンは初心者でも知っているだろう。
問題はその種を相手の目の前で仕込まねばならないという難事の敢行なのだ。
洗牌や山積の動作に不自然な動きが見えれば、たちまち露見して事件となる。
違和感無く仕込むことができるかどうか…総てはそこに掛かっている。
そのために、常に澱みの無い流れるような牌捌きが欠かせないのだ。

近くに麻雀牌があるなら試してみればよい。
三人の、いや一人でも充分だろう…
目の前で誰かが見ている状態で気付かれずに積み込みができるかどうか。
元禄や六トン爆弾の理屈がわかっていても、積むのはまず無理だと思うが…

*追記事に積み込みの問題を出しておく。お暇な方はチャレンジを…

私は二十代の中半で、麻雀で凌ぐ生活からは足を洗っている。
正確には私達と言うべきなのだが…
雀荘で網を張って、飛び込んでくる不幸な客を待つのも飽きが来ていたし、
依頼を受けて、太い客を殺しに掛けるような仕事も煩わしくなっていた。
(殺しに掛けるとは、場面をセットして麻雀で陥れるという意味の隠語です)
麻雀のプロ、(仕)事師にとって麻雀は楽しいギャンブル遊戯では在り得ない。
勝敗を運に委ねるようなもの、利得が不測の作業を仕事とは呼べない道理だ。
麻雀の仕事は一過性の上にハイリスクで、渡り職人の手間仕事に近い。
効率も後味も悪く、大金を得ても罪悪感で自己嫌悪に陥るのが関の山なのだ。
私達は生活向上のために、もっと効率のよい仕事への転職を試みたのだが、
そのあたりの話は、またいずれかの機会に…

くどいようだが、私は麻雀で凌ぐ生活からは二十代で足を洗っている。
足を洗って以来、卓上でイカサマを使って金品を得たことは一度も無い。
理由は一つ、楽しくない、麻雀がつまらなくなるからだ。
現在、私にとって麻雀は何よりも夢中になって遊べるギャンブル遊技だ。
遊技は遊興娯楽であり、遊興は生計の手段にはなり得ないと考えている。
雀荘を…遊技場を経営するなら、話は別だが…

【Read More】

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。