**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2006.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2006.12


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバー百景(1-I)

工藤君の聴牌を確信し追撃を想定しながら打った私の先制リーチ…

man1m.gifman2m.gifman3m.gifpin2m.gifpin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou9m.gif  ドラ7索sou7m.gif

ドラが暗刻で役無しの聴牌だからというような安易な選択ではなかった。

私の手は好形のマチではないのだ。勝算がみえたわけではない。
ただ、私は後手を踏んでいることを自覚していた。
先手を取っているのは、やはり工藤君なのだと感じていた。
だからこの後の自手の変化に自信が持てなかった…

東パツの親が、いち早く聴牌しながらヤミ聴で回している…
彼がリーチをしないのはマチの良し悪しでは無いはずだ。
ダマでもあがれるが、手変わりで得点が極端に跳ね上がるような牌姿…
リーチをためらっているのではない、余裕を持って回しているのだろう。

私のリーチに向ってノータイムで打ち出された工藤君のリーチ宣言牌。
手出しのpin9m.gif⑨が私の河を無視した無筋の牌だったことは確かだった。

今日の工藤君は好調を盾に不安や迷いから解放されているに違いない。

凡そ勝利の女神は焦燥と執着には背を向け、余裕と諦観に微笑む。

彼が余裕なら、私は諦観で挑むしかない…


一発目…盲牌の指先にザラリとした斜めの感触が走った。

まぎれもないpin3m.gif③だった…

一巡待てばpin2m.gif②切りでこの手

man1m.gifman2m.gifman3m.gif pin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin3m.gifpin4m.gif sou7m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou9m.gif

ピンフーになり一盃口も見える聴牌になっていたのだ。

たった一巡…なぜ待てなかったのか…

私は未練と後悔を押し殺して、その無情の牌を静かに河に浮かべた。

瞬間、工藤君の眉根が微かに反応し、私と目が合った。

微笑と苦笑が入り混じった目が、私に対して無言の会話を要求している。

『どうした…? pin3m.gif③があたりだったのか?』 私の目線の問い掛けに。

『ええ…助かりましたねぇ、天羽さん…』 彼の表情がそう応えていた。

『……!?』

手変わりの前はpin3m.gifpin6m.gif③⑥のマチだったというのか…?

いや、pin9m.gif⑨が手出しでマチが変わったなら…pin3m.gifpin6m.gifpin9m.gif③⑥⑨だったはずだ!

右端四枚が筒子の構成で…そこから下が③④筒まで伸びている…!?

手牌の半分以上が筒子構成なのか…?

メンホン、メンチンは…? 無いだろう。

それなら③⑥⑨筒マチで充分なはずだ。 

一気通貫を絡ませるなら別だが、親でそこまで待つとは思えない…

だとしたら、筒子がどのように上昇変化したのか…

工藤君が一発目のツモ牌を「チッ!」と舌打ちして切り捨てた。

pin9m.gif⑨だった…

自河に並んだ二枚の⑨筒を私の③筒よりも悔しそうに睨んでいる。

私はふっと我に返った。
リーチを掛けたあとで、他人の手を読んでいる自分に気付く。
いつになく愚かな作業をしている自分が可笑しかった。
自嘲の溜息をもらした瞬間、工藤君の手牌の形がスーッと頭に浮かんだ。

マチはpin2m.gifpin5m.gifpin8m.gif②⑤⑧だ…

手役はタンピン・三色… 567か678の三色なのだ。

⑨筒の手変わりを待ったのも、マチの変化も、それなら解る。

読みが当たっても外れても、もはや無益なことだが…
②⑤筒は私のあがりで、⑧筒を引けば…私の負けだと思った。
と同時に、勝機が見えた。

工藤君は余裕の上の執着でミスを重ねている。
彼が先制リーチをかけていれば、ほぼ間違いなく彼のあがりだった。
私の③筒でも、自分で並べた⑨筒でもあがれていたはずだ。

そして私がリーチをしなければ、彼は手変わり後もダマ聴で構えていたろう。
私は②筒を切り出してしまう…彼の方が優位に立っていたはずだ。

私にとっては、唯一あのタイミングで先制リーチに出なければ、
手変わりの②筒でも③筒でも振り込みの可能性が大であった。

私は愚形を受け入れた諦観のおかげで刃の下を潜り抜けたのだ。

先の後、後の先の紙一重の挾間を…

そう思ったとき、なぜか勝てると確信した。

そして程無く、私は四枚目のpin2m.gif②を自摸りあげ、満貫をものにした。

工藤君がジッと私の手を見詰める。

man1m.gifman2m.gifman3m.gifpin2m.gifpin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou9m.gif  ツモpin2m.gif

一二三②②②③④77789 ツモ②

「リャンピンは…君の高目か…?」

私の問い掛けに、工藤君が頷いて手牌を倒して見せた。

man6m.gifman7m.gifman8m.gifsou6m.gifsou7m.gifsou8m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin5redm.gifpin5m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin8m.gif

六七八678③④赤⑤⑤⑥⑦⑧

手牌の形はおよそ読み通りだったが…

⑨筒との手変わりは右から五枚目の牌…pin5redm.gif赤⑤だった。

とすれば、彼が先に③⑥⑨筒マチのままでリーチをかけていたら、
私に一発で赤⑤筒を振り込んでいたかも知れない。
私が親のリーチに向って愚形の聴牌で即リーチに出られればの話だが…
一巡ためらえば③筒を持ってきて打ち込んでいたかも知れない。
いや、⑤筒の筋を頼りに②筒を通して①④筒マチで追いかけていたろうか…
そして、今度は四枚目の②筒をツモってきて愕然と…

麻雀は一摸一打の綾で天地が動転する。
その玄妙さにはまさしく痺れがくる…

この半荘の結果は、私が三着まで引きずり降ろされて終了した。
私のラス親で工藤君が赤牌三枚使いの跳満を引きあがり二着に浮上したのだ。
全員から祝儀を掻き集めて…

まだまだ、彼の勢いを止めることはできなかった。

スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

ハブ!お前もかぁ~!

昨夜、つけっ放しのテレビで放送していたNHKの番組が

「なぬ…?」と面白かったので紹介スタイト思いマス。

『プロフェッショナル』というタイトルの番組。

各界の一流のプロを招いてのトークショーです。

キャスターは新進気鋭の脳科学者、茂木健一郎
(バラエティ番組で絵や写真の一部をスローで変化させて見せて、
 どこが変わったかわかる?と視覚の不覚を啓蒙してるあのヒトですよ)

今回のゲストは羽生善治、スガシカオ、奥山清行…

三人三様の職業薀蓄に、う~む…と頷いてしまいました。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/061123/index.html

特に羽生名人…将棋って、駒は全部見えているのに…
HPの記事ではカットされてる「他力」とか、うんうんと思ってしまいました。

再放送があるようですが、興味を覚えた勝負師は是非どうぞNHK~

NHK…今年は受信料未納者は紅白ライブ観せないって…ケチ。
例の事件以来、私もずっと未納ですけど…なにか問題でも?

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

メンバー百景(1-H)

私の予測は、またしても外れてしまう…
絶好調の工藤君を相手に苦しい戦いを覚悟したのだが、
開局早々、予想外の軽い手が入ってしまったのだ。
配牌形の記憶は曖昧だが、並びの形だけは再現してみる。

man1m.gifman2m.gifman3m.gifpin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou9m.gifnanm.gifpeim.gif

一二三②②③④7789南北   ドラ7索sou7m.gif


色も余剰牌も確かではないが、数牌の列に穴が無いこんな感じだった。
キー牌となる二枚のドラが順子要素で手成りの進攻を示唆していた。
ピンフ系の聴牌でリーチに出れば、軽く満貫が期待できる二向聴。

この配牌をどう読むか…
先手を取れそうなチャンス手には違いないが、起家は下家…工藤君なのだ。
配牌を見るまでは、上家の私は出だしの一、二局は捨てる覚悟でいた。
あがりを考えずに彼の勢いを阻止することのみに専念するつもりだったが…
この配牌だ… 
一人の人間が入れ替わっただけで、風向きが変化したのか…
もし私がこの決まり手をストレートにモノにできるようであれば、
ビデオ屋の運が最悪で、彼は完全にツキに見放されていたということになる。

まだ、この手がこのまますんなりいくとは思えなかったが、
いずれにしても、この配牌の時点では私の予感は外れているわけだ。

裏目を引く…それが迷宮への入り口だ。
予想の裏目を確信することなどできはしない。
裏の裏の裏…逆の逆の逆…
想い立つ全ての判断が、その逆を真とする。
表裏の区別がつかないメビウスの輪では、不信の無限ループに陥ってしまう。

だが…違和感はここまでだった。

工藤君が第一打の北に続いて、早くも自風の東を掃ってきたのだ。
二巡目にダブ東を外してしまう手…一向聴か?聴牌の可能性さえある。

私の自摸は予想通り重荷を拾いながら迷走する。

同じ二巡目にドラの7索が暗刻になった。

man1m.gifman2m.gifman3m.gifpin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou9m.gifpeim.gif

一二三②②③④77789北

まあ、悪い形では無い。ここまでは良しとしよう…

だが、五、六巡目ですんなり聴牌してしまったのだ。

この一向聴に三枚目の②筒pin2m.gifを引いてきて…

man1m.gifman2m.gifman3m.gifpin2m.gifpin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou9m.gif

一二三②②②③④77789

②⑤筒7索pin2m.gifpin5m.gifsou7m.gifの聴牌だ。マチは三面張には違いないが…
⑤筒は河に一枚だけ見えていたと思う。赤を含め所在不明の⑤筒三枚。
残り一枚の②筒と、同じく残り一枚だけのドラの7索マチの愚形…

東の一局。序盤でこの牌姿なら、通常は筒子か索子の変化を待つ。
筒子なら③筒を引き入れるのがベストだが、④筒でも上等だ。
6索8索が入ればドラ切りのリーチもアリだろう。
9索が対子になれば8索切りのリーチも考える。
赤五萬でも引けば向聴落としも厭わない…
いずれにしても、序盤でのこの聴牌形を最終形とは判断しない。
この条件、この形で私がリーチに出ることは、まず無いのだが…

工藤君の聴牌気配、自摸切り状態を横目に…

「リーチ…」

私はこの悪形に、敢えて不変の意思を宣言した。

「リーチ!」

巡目を空けず、待ってましたとばかりに工藤君が追ってきた。
だが、彼のリーチの宣言牌は自摸切りではなかった。
手牌の右端から、手出しの⑨筒pin9m.gifを抜いて横にまげてきた。
手変わりの自摸牌は、右から五枚目に収納した。

⑨筒を使ってダマ聴で出和了ができる聴牌だったわけだ。

そして、⑨筒と交換できて五枚目に収まる牌がある…?

スジの⑥筒pin6m.gifだとすれば右端からの四枚は…

筒子の⑦⑧pin7m.gifpin8m.gif構成の可能性が高い。

pin6m.gif pin7m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin8m.gif  pin6m.gif  pin7m.gifpin8m.gifpin8m.gifpin8m.gif

⑥⑦⑧の一盃口が完成しているかもしれない。
pin6m.gifpin6m.gif pin7m.gifpin7m.gifpin8m.gifpin8m.gif

そしてマチは…何色であれ好形の両面だろうと思われた。
私の直感では最後のドラを使っているような気がした。
9索は捨てている。5―8索が本命か…
だとしたら、他から簡単に出るようなマチではない。
工藤君の出和了なら、振り込むのは…
悪形の聴牌で強運の親に対してめくり勝負を挑んだ…私なのだ…

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

停滞の二乗

長い間、更新を停止しておりました。

先月来、少々滅入っているのです。

まあ、言い訳のようなものですが…訳があります。

原因は日本麻雀機構のHPでの理事長土田氏のコラムと
彼の対子理論講座の記事に対する反応でした。

若手雀士への愚痴のような記事になりましたので、

気が向いた方のみ開封を…
【Read More】

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。