**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2006.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007.01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀の正解

先日、意外なところで、思いもかけない質問を受けてしまった。
「天羽さん、麻雀の正解ってなんですか?」
「なにィ?」
「麻雀の正解ですよ…」
「んなもの、あるわきゃねえだろうよ! あったら俺が知りたいよ」
「でも、ブログでは…」
「ブログぅ? ……!?」
私は…絶句した。
女房に浮気が発覚した瞬間の、入り婿の旦那のように狼狽した。

質問の主…取引先の社員のS君とは10年近い付き合いがある。
気心が知れているので、互いに言いたいことを言い合える仲ではあるが、
飽くまで仕事上の関係であり、私生活での交流はほとんど無いに等しい。
その時まで、二人で麻雀の話などをした記憶もまったく無いわけで、
私がブログを公開していることなど、彼が知るはずも無いのだ。

このブログの記事は私の過去の思い出、実体験の記憶を基に書いている。
気紛れで書いているが、公開している以上、取り分けて隠すつもりは無い。
が、内容が内容だ。
恥にはなっても、決して誇れるようなものでは無いと自覚している。
仕事の関係者に過去の生き様を知られるのは、あまり好ましいことではない。
だから、作者が私だと特定できるような人間には知られたくはないのだ。
しかし…S君はなぜか知っていた。だいぶ前から読んでいたようだ。

質問が「ブログの作者はあなたですね?あなたが犯人ですね?」
テキな容疑者扱いの誘導尋問ならば、
「なんの話だ?濡れ衣だ!俺は無罪だ!」
と知らぬ顔の半兵衛を決め込んで、逃げ躱していたかも知れない。
が、いきなり「あそこで買った凶器…あれは何処に捨てたの?」では、
供述書の段階だ。裏は確実にとられているに違いない。
今更、知らぬ存ぜぬは通用しないだろうと思われた。

知られてしまった以上は是非も無い。観念するのみなのだが…
質問の内容が麻雀の正解…とは?
はて? 同じような質問を以前に何処かで聞いた記憶が…

あッ!と思い出した。
「圭佑だ…犯人はヤツか…!」
このブログの存在をS君に知らせたのは、圭佑に違いないと確信した。
圭佑とは、時折事務所に出入りして私のPCで遊んでいる身内の人間だ。
本人は仕事をしていると言うが、データの送受信など10分もかからない。
大半はレシーバーをセットしてゲームやネットで遊んでいるだけだ。
普段はPDAを携帯しているが、事務所では私のPCに張り付いている。
時には深夜から早朝まで遊んでいる形跡もみえたが、特に咎めはしなかった。
私個人のメールにはアクセスできないように暗証を掛けているので、
メール関連は問題なかったのだが…

二ヶ月前、10月の末頃の事務所での圭佑との遣り取りを思い出した。

来客も無く、暇疲れで応接セットのソファーに横になっていると、
昼過ぎから長い時間私のデスクでパソコンを操作していた圭佑が、
ディスプレー越しに顔を覗かせて訊いてきた。

「オジさん、麻雀の正解ってナニよ…?」

ヤツは私をオジサンと呼ぶ。
軽薄な蔑称や馴れ合いの呼称ではない。血縁なのだ。
昔は、お兄ちゃんと呼び、叔父ちゃんに変わり、叔父さんになった。

「麻雀の正解? お前、麻雀なんかするのか?」
圭佑のギャンブルの趣味は競馬とパチスロだけだと思っていた。
ヤツの部屋は競馬関連の本やビデオやファイルで溢れているはずだった。
資料が部屋に入りきれないからと事務所の物置にまで山積みしている。
ギャンブル用の資料というよりは、競馬の歴史や馬の血統、戦績など、
馬そのものに関する物が多い。馬が好きなのだ。

「いや、しないよ…昔チョットやったけど、今はやんない」
「ああ、それがいい、なんでもかんでも手を出すな…」
私はソファーから起き上がって、ヤツの後ろにまわり、
何を漁っているのかと、ディスプレーの画面を覗いてみた。
ヤツが私のブログを承知していて、たまに開いて読んでいるのは知っていた。
だが御存知の通り怠惰なブログですから、ヤツも滅多にアクセスはしない。

見ていたのは白地のテンプレ…もちろん私のブログではなかった…
誰のどんなブログか、コメント欄を見ていたのでチョット解らなかった。
が、カーソルの矢印がスーツと動いて「amou0」の文字に重なった。

「これ、オジさんのコメントでしょ? 麻雀の正解って…」

確かに、それは私が書いたコメントだった。


済みませんが、中断します。

飛び-今度に言うど (To be continued.)


【Read More】
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

Xmas-Break

コーヒー・ブレーク…

ブレークの氾濫はクリスマスの朝…
ハート・ブレーク・ホテルのブレックファスト
Break of day
Break out
Break away
Break off with
Break down
Break forth
Break into tears…僕のコーヒー・ブレークは…
Break boundsのBreakだからと、聞きなれた…
Break in…
「トゥ マッチ… ルーイン ナ ヘルス(too much… ruin your health)」
気遣いを残して去って行った傷負い人…

Ruin… 
僕にとってそれは、まだ心地よい響きの単語だった。
ロックバンド”ANIMALS”の哀愁と退廃の旋律…
“HOUSE OF THE RISING SUN” の懐かしい歌詞の一節を
Break throughの朝日のなかで二杯目のコーヒーを注ぎながら
独り、冷静に口ずさんでいた。
「It's been the ruin of many a poor boy and God I know I'm one.」

だが…それから間もなく…
僕は“HOUSE OF THE RISING SUN”は元より
“DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD”
“BRING IT ON HOME TO ME”
“THE RIGHT TIME”
大好きだったANIMALSの総てのナンバーが聴けなくなってしまった。
Break into tears…
ANIMALSのシャウトを聴くと胸が締め付けられ涙が溢れてくるのだ。
永遠に癒せない心の傷の痛みに耐えかねて…
涙が…止めどなく溢れてくる… 

僕のクリスマス・ソングは21歳の冬から永遠に変わらない。
ANIMALSの…“I'M CRYING”

需要と供給

今年は師走に入った途端に、例年に無く多忙になってしまいました。
坊主でも無いし、教師や講師というわけでもないのに走り回っております。
…ん? 師…? そういえば今年は…
某美人(?) ブロガーとボケとツッコミの師弟漫才交流を始めた記憶が…

「シショウハタショウシンヨウドニシシヨウガアルノデジショウシソウト…」
【変換】「師匠は多少信用度に支障があるので自称シソウと…」

シソウ?シソウって師走だよ…! それで走っているのかぁ~?!

日頃から、私のキツイ突っ込みコメントに泣きながらも切り返してくる
最愛のGFのために、シソウとしては年末のケジメの意味で
一応のボケをかましてみましたが…アシソウカラズ。

多忙なのは師匠や師走には全く関係ございません。
業界(麻雀ではない)の物流状況に異変が起こっているのです。
当社の扱う商品の需給バランスが崩れているという一大事。
原因は地球の温暖化、世界の異常気象ということで、お手上げの状態です。
商品価格の高騰を喜べるのは、商品があってのことです。
砂漠の民に砂を売り、漁師に魚を売ることも決して不可能とは思いませんが、
売り買いするべき商品が無ければ話になりません。

商売の基本は売手買手の相互利益であり、需要と供給のバランスです。
最新の経営戦略理論を持ってしても、この根底は崩せません。
押し売りやマルチ、詐欺商法までも商売と主張するなら別ですが…

近郊の商店街の雀荘が、いつの間にか看板を降ろしていました。
商売とは需要と供給を満たしての相互利益… 
フリーの雀荘の何処にこの四文字を掲げればよいのか…
客の求める利益は射倖であり、遊戯の代価を払うという意識は希薄です。
大事な客の損失や不興を手放しで喜ぶような経営者はいないでしょうが、
来客以外にお金を落としてくれる相手はおりません。
メンバーさんの給料分を総てお客様に還元し、喜んでいただいたとしても
その給料を払うのは経営者、いやお客様でなければ経営は成り立ちません。
利益が無ければ、売り上げの数字を伸ばしても赤字が増えるばかりです。


雀荘の経営は単純な計数試算の及ぶところでは無いということは確かです。

一見、商品が無いように思える水商売といえども売り物はあります。
水やお酒ではありません。水は水道局、酒は酒屋で間に合います。
水商売の売り物は客が求める○○心や○○心、心心心の需要と供給です。
店の繁盛、対価の高低は客の満足度、充足感でほぼ決まります。

フリーの雀荘の売り物とは何か…
経営の成功には通常の業態には無い特異な商才が必要なのだと思います。

雀荘のオーナーは遊牧業や焼畑農業を研究すべきかも知れません。

え?鵜飼漁と自転車も…?

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。