**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2007.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2007.05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色夜叉

『金色夜叉』とは、
「熱海の海岸散歩するぅ~、貫一、お宮のぉ~」
と、流行歌にもなった文豪尾崎紅葉の未完の小説の題名です。

最近では「きんいろよまた」と読む若者もいるそうですが、
近代文学はおろか、現代文学にさえ疎い私としては、
誤読を咎めるよりも笑って済ます方が無難だと思ってしまいます。

活字離れの世代にとって漢字は言葉の音符、表音記号でしかなく、
表意記号としての役割が希薄になっているのでしょう。

「夜露死苦」というやつですね。まあ面白いからいいか…です。

で、なんでタイトルが『金色夜叉』なのかといいますと、
前回の記事――鷺沢萠で引っ掛かったのです。
ヒロインのお宮さんの苗字が鷺沢だったような気がしたのですが…
調べてみたら鴫沢宮でした。

サギとシギは別の鳥ですね。
むかし、猟銃を担いで田鴫(タシギ)を撃ちに銚子まで通ったな。
田んぼに散弾ばら撒いて…ビニールハウスが穴だらけ…御免。
鷺は保護鳥ですから撃てません。白い野鳥は駄目なんです。

え~と「きんいろよまた」の鴫沢宮さんと間貫一君の物語ですが、
新派の公演以来、様々な舞台で演じられる名場面があります。

熱海の海岸で学ランにマントを羽織った一高生の貫一君が、
縋りつく恋人のお宮さんの不実を責めるくだりの台詞です。

貫一はお宮さんを高下駄で足蹴にして罵倒するのです。

「僕がお前にものをいうのも今夜限りだ…云々」
「一生を通して僕は今月今夜を忘れない…云々」

確かな記憶ではありませんが…

「金剛石(ダイヤモンド)に眼が眩み…」
とか言う台詞もあったような気がしたのです。
温泉旅館の舞台で観たコントだったかも知れませんが…

前置きが長くなりました。

『金色夜叉』=デーヤモンドに眼が眩み…です。

では本編の開演――。


数ヶ月前のその日、
私は歌舞伎町の一番街にある馴染みの雀荘で夜を明かした。
「ラス半」のタイミングを逃したまま、深夜の卓割れを気遣って、
ダラダラと朝まで打ち続けてしまったのだ。
調子が悪ければ席を発つこともできたのだが、勝ち頭だった。

気の無い博打は打ってはいけない――。
そんなことは百も承知だ。

でもねぇ、実はその日、店側が真っ赤っかの大赤字営業。
昼も夜もメンバーが全員、出ると負けの最悪パターンで、
勝ちを得た常連客の引き足が早かったわけです。
私がやめれば、残りの二人の客も席を発ちそうな気配だった。

古い友人でもあるマネージャーが、卓割れの気配を察して、
レジの奥から子犬が甘えるような眼で私をチラチラ見るんです。
どちらかと言えば、土佐犬に近い風貌なんですが、それが、
捨てられるんじゃないかと気を揉んでいる子犬に見えたわけです。

天羽さんは友人を裏切ったり捨てたりしたことはないのです。
あ、女性については、色々と見解の相違もあると思いますので、
一方的に断言はできませんが…

その夜は、自分からは卓を割るまいと覚悟を決めた。

現在の私にとって、麻雀は娯楽であって博打ではないのだ。
様々なギャンブルに関わる仕事をシノギにしていた時期はあるが、
若気の至り。剣呑な世界を無為に彷徨っていたような時代だ。
冷めた感性だけが研ぎ澄まされる闇夜のケモノ道の記憶…
一歩間違えば生死に関わるような緊張の日々、安息の無い生活には
常人の枠を超えた精神の昂揚、痺れるような快感も確かにあった。
だが、それはもはや遠い記憶であり、若き日の思い出でしかない。

今の私は金銭を抜きにして麻雀というゲームを楽しんでいる。
だから情を絡めて付き合うこともやぶさかではないのだ。

「勝負の最中に金を数えてはいけない…」

若い時分に、その筋の玄人から受けた教示だ。
その時は「なぜ…?」とは思ったが訊きはしなかった。

経験を重ねるに従って、道理だと思うようになった。
精神の揺らぎ、集中力の崩壊…心視点の問題なのだ。

金は飽くまで勝負の要具であって、勝負そのものでは無い。
勝っていても負けていても、金を数えたくなったら止め時だと、
それは今でも頭蓋骨に刻み、肝に銘じている。
だから、勝負の途中で金は数えない。
数えはしないが… 

サイドテーブルに置いた銭籠は嫌でも見えるわけです。
溢れていた札が溶け出したのは午前2時を回った頃からだった。
そして、始発電車の時刻までにはきれいに底をついていた。

情に引かれた時点で結果は予測していた。
こうなることはハナから覚悟していたわけで、
精神衛生的にはどうということもなかったのだが…

カチン!…ときた。

つづく…

済みません…この後は牌画を使いたいのですが、面倒です。
次回にします。明日ではありません。次回…です。

スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

桜下逝人

速い…
このブログを始めて、もう、一年が経過したようだ。
長兄が逝き、仕事に多少の混乱が生じた以外は、
さしたる事件も無く、ただ時間だけが過ぎ去ってしまった。
私としては視力以外の体力の衰えは自覚できないが、
年が明けて以来、内なる臓器が悲鳴をあげだしたのは確かだ。
私の場合、明らかに蝕まれているというべきなのだが…
DEATH NOTEに自らサインをして、既に16年が経過している。
毎年のこと、決まってこの時期に冥界からの打診を受ける。
この季節を遣り過ごせば、一年は生きられると思っているのだが…

「願わくは花の下にて春死なん その如月の望月の頃」
芭蕉に先駆ける放浪の歌人、西行法師――
北面の武士であった佐藤義清の出家の因は定かではないが、
悲恋であれ死生観であれ、諸行無常の感得には違いないだろう。
西行は望み通り、如月の望月の頃、桜花の下で召されたという。

雀聖・阿佐田哲也も4月10日、桜の花と伴に散った一人だ。
そして、麻雀プロとしては頂点を極めた安藤満も3月27日、
女流雀士、いや文壇の才媛、鷺沢萠もまた桜下逝人だ。
安藤プロの死から、わずか二週間後に他界したという鷺沢の
自殺の動機は明らかにされてはいない。
正直なところ、私は彼女の小説を読んだ記憶はないので、
彼女が背負った荷物がどれ程の重さかも知り得ない。
だから鷺沢萠について語ることはできないし、その気も無い。
手元にあるのはエッセイ集の文庫本一冊だけなのだ。

『酒とサイコロの日々』という剣呑なタイトルの本だ。
『週間大衆』と『近代麻雀』誌上で連載していた作品を整理し、
双葉社で刊行されたものを五年後に新潮社で文庫化したものだ。

その前書きから…

はじめに
拝啓
いつもお世話になっております。お元気でお過ごしでしょうか。
お元気でない場合はすぐに私に知らせてください。
西に手入れの悪い雀荘あれば行って
「もうちょっと卓を大事にしろ」と言い、
東に重たい牌あれば行って
「もっと頻繁に牌を磨け」と言うことをお約束いたします。

…中略…

だからというわけではありませんが、
最後にひとつだけお願いをさせていただく不躾をおゆるしください。
どうか私のところに良い配牌を。        かしこ

全自動卓様              鷺沢萠より

私は一読して破顔一笑、たちまち虜になった。
西原理恵子の『まあじゃんほうろうき』以来の吹きだしだった。
カバーの折り返しのコケティッシュなポートレートと相まって、
その軽妙洒脱な文章センスに惚れこんでしまったわけだ。
西原理恵子画伯様とは違った意味で天才だと確信した。
並みの男では太刀打ちできない感性の持ち主だろうと直感した。

才色兼備…
鷺沢萠は選ばれた女性だろう。確かに天は二物を与えた。
が、与えられた鷺沢本人はすでに平凡な女性ではないわけだ。
凡人が羨望するような美貌や知性といった俗世間的な価値観は、
彼女の人生を担保するものとは成り得なかったのだろう。
2004年4月11日、早熟の女流作家は自ら命を絶ってしまう――
美貌の才女が何を憂い、何を思って生を断念したのか…
小説も読まずフアンとも言いがたい部外者には知る術もなく、
美人薄命のことわりを思いながら、ただ黙祷するしかないのだが。

この『酒とサイコロの日々』の巻末の解説を安藤満が書いている。
平成十五年一月の寄稿といえば他界する一年前か。
麻雀を介した様々な交遊の経緯を滋味溢れる文章で綴っているが、
ヒトが麻雀に魅かれるわけ、醍醐味に触れている箇所が秀逸だ。
麻雀打ちなら思わず苦笑してしまう一文…
未読なら是非にも一読を…

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。