**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2007.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007.06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色夜叉(3)

西単騎をツモっただとぉ…!?

「まさか…!?」
私は反射的にタケさんの河を確かめていた。

対面にとっては一番拾い安い位置にあった西の所在を…
peim.gifsham.gifhatum.gif
西は北と發に挟まれたまま、まだタケさんの河に並んでいた。

目を凝らすまでもないのだ――
四枚の西はずっと私の視界に入っていたのだから。
それはそうだ、いくら大敗けしていようとも、
今時のメンバーが牌を拾うようなまねはしない。
イタズラが通用する客ではないことも承知しているはずだ。

ヤッコさん、役満に興奮して盲牌を誤ったのか…?

盲牌して、興奮のあまりツモった牌を卓に叩きつけようとしたが、
腕を振り上げた瞬間にメンバーとしての自制心が働いたらしく、
慌てて頭上で握り込んでしまった牌を、
彼はそっと手牌の端に並べて見せた。

西であるはずがない――

「……!」

彼がツモったのは、なんと…!

私のロン牌。バッタ待ちの片割れの――

man1m.gifman9m.gifpin1m.gifpin9m.gifsou1m.gifsou9m.gifhakum.gifhatum.giftyunm.giftonm.gifnanm.gifpeim.gifpeim.gif   hakum.gif

白板だった。

しかし――
白板の盲牌ミスなど有り得ない。







それは確かに白板だったが――


よく見ると… siropotti

真白な肌に彫りなんぞ刻み込んで、臍ピアスじゃあるまいに、
ど真ん中にダイヤまがいのガラス玉を埋め込んでやがる、

白ポッチというケッタクソの悪い極道牌だった!

リーチをかけて山から白いダイヤを掘り当てれば、
オールマイティのツモ和了となり祝儀まで付く――
それがこの店のルールだった。

白ポッチが見えない限り、リーチの待ちに純カラはないのだ。
ルールを忘れていたわけではない。
気紛れな不良牌とはまともな付き合いなど望むべくもないが…
よりによって、純カラのはずの役満で……!
不ズキの相手に対しては想定外だったために愕然とした。

役満+白ポッチに裏ドラまで載っての祝儀が七枚オール。
楽勝のトップ目から、手出しの二着にされたのだ。
嬉々とするメンバーを横目に銭籠を漁りながら溜息が出た。

そして、してはならない後悔がよぎった。

man1m.gifman2m.gifman3m.gifman5m.gifman5redm.gifman8m.gifman8m.gifman9m.gifhakum.gifhakum.gifsham.gifsham.gifsham.gif

一二三五(赤)五八八九白白西西西

あの手から青五萬をポンする必然性があったのか…
白は無条件でポンする。八萬も七萬も鳴く気でいたが…

あの五萬の対子は、はじめから叩く気はなかったはずだ…
五萬の対子は赤ドラ絡みの両面形に変化させるつもりだった…

man4m.gifman5redm.gif    man5redm.gifman6m.gif

青五萬が出たから欲が出た。爪を伸ばして鳴いてしまったのだ。

五萬を鳴かなければ白ポッチは私のツモ…

man1m.gifman2m.gifman3m.gifman5m.gifman5redm.gifman8m.gifman8m.gifhakum.gifhakum.gifsiropottisham.gifsham.gifsham.gif

一二三五(赤)五八八白白白西西西

白板が暗刻になりメンホンの聴牌になっていた――
純カラのアホな役満をツモられることもなかったのだ。
欲を出して鳴くべきではなかった――と後悔してしまった。

反省ならば良い。だが、後悔はいけない。
反省と後悔とは似て異なるものだ。

結果を納得した上で対応を考え実践するための反省であれば、
プラス思考であり戦闘意欲も勝負勘も損なうことはない。

だが、後悔とは自責の念だ。自己嫌悪といえる。
その払拭できない負の記憶が感性を鈍らせる。
以後の勝負に不安が芽生え、闘牌に迷いが生じるようになる。
強靭な意志による情動のカタルシスがなければ、
イメージの錯誤を繰り返すような負の連鎖に陥りやすいのだ。


本来、私が反省すべきは選択の是非などではなかったのだ。
それまでの戦いが苦戦の連続で、
場成り手成りで押すと必ず振り込んでしまうといったような
運に見放された最悪な展開が続いていたのなら別だが、
そんな状態ではなかった。私にはまだ余裕があったのだ。

青五萬への仕掛けは常套手筋で何の問題もない。
懸賞牌が増える上に聴牌するなら、当然の選択だろう。
むしろ鳴かない方が異常といえる。

だとすれば反省すべきは何か――
誰でもそうだと思うが…
覚悟の上の打牌であればハネ満に振ろうが倍満に振ろうが、
驚くことも動じることもないはずだ。
たとえ役満だろうと、それが想定内であれば納得するだろう。
当たっても仕方がないと覚悟の上で勝負するからだ。
ツモられても同じことだ。悔いることはないだろう。

想定内であれば――だ。

そうなのだ、私が問題にすべきだったのは――
青五萬も白ポッチも想定外だったという異常なのだ。
だから結果の意外さに愕然として、無意味な後悔までしてしまう。

自覚しなければならなかったのは気の緩み、集中力の欠如だ。

意識の及ばぬ深みで、舟は確実に岸から離れて揺れだした――

つづく…
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

金色夜叉(2)

私は飽き性だとは思うが、キレ症ではない。
感情を抑えきれずに暴走するようなことはないのだが、
人並みに腹は立つ。そしてカチン!ときたのだ。

確かに私は自分からは卓を割るまいと思っていた。
ほかの二人の客もそれなりに勝ちを得て潤っていたので、
私が「ラス半」を掛ければ総崩れになりかねなかったからだ。
いわば、店に対する気遣いというか、慈悲買いのようなもので、
土佐犬(気に入ったのでこれで通す)への思いやりのつもりだった。
自意識過剰かも知れぬが卓を割っての勝ち逃げでは情が無いだろう。
非情が悪とは思わない。が、何か後ろめたくて寝覚めが悪い。
後味の悪い泡銭を手に、独りでキャバクラなんぞに繰り出しても、
美味い酒は飲めないだろうと思ったのだ。

しかし、自尊心や情に捉われるのも熱くなるのと同じことで、
そこが常態の融点となり十中八九、勝ち目は熔解する。
うわべの意識レベルでは対応できない負の転移――
勝負の感性がポジからネガに転移するのは高確率の経験則だ。
本人は確かな間合いで戦っているつもりでも、
背水の陣に舟を浮かべ、無意識に立ち位置を退いている。
足場が揺れて進退が捌けない――そんな戦いを強いられる。
揺れる舟に乗ってから、再度陸に上がるのは至難の技なのだ。

私は虚栄心ともいえる自尊心に捉われて勝負の見切りを捨てた。
既に勝敗への拘りを捨てているのだ。敗因は発芽している。
闘争心が萎えたネガティヴな戦いを続けるには相応の覚悟が要る。
後悔はしないという決意、そして不退転の覚悟だ。

覚悟はしていた――つもりだったが…


上家のタケさんとは以前から面識があった。
数年前に水商売の女と一緒に新宿に流れてきた遊び人だ。
当初は職安通りを隔てた大久保の雀荘に入り浸っていた。
去年あたりから、歌舞伎町のある雀荘に出入りして、
そこで裏メンをしているのは知っていた。

裏メンは店からの呼び出しがあれば駆けつけねばならない。
タケさんも携帯が鳴ったらまず「ラス半」になるのだ。
急ぎの場合は終局代走を頼んで慌てて出ていくこともある。

日頃からそんな場面を何度もみていた私は、その夜も、
どこか心の隅でタケさんの携帯が鳴るのを期待していたのだ。
彼が呼び出しをうけて抜ければ、下家の客も抜けるに違いない。
そうなれば私も遠慮なく卓を潰して席を発てると考えていた。

麻雀とは関係のない身勝手な期待と心算をしていたわけだ。 
勝負の最中に金を数えている――それが揺れる舟だ。
心は既に卓上にはなく、集中力も保ててはいなかったのだ。

そしてどういうわけか、その夜のタケさんの携帯は、
私の期待に反して一度足りとも鳴ることはなかった。


深夜の一時を回った頃、不調のどん底だった対面のメンバーが、
眠りから目覚めたかのように一気に盛り返してきた。

有卦に入った切っ掛けは――

その局、ラス目でラス親の彼の切り出しは中張牌からだった。
不調時に多い固定形で動きの取れないチャンタ系の配牌か――
ドラが⑧筒だったが、すぐに⑦筒をためらい無く自摸切りした。
七対子か――或は起死回生の強引な国士狙いの可能性もある…

捨て牌二列目、
七巡目からの並びが、pin9m.gifpeim.gifman5aomyoko

⑨筒、北と続いて青五萬でリーチを宣言してきたのだ。

東風戦のこの店では赤牌三枚の他に青五萬がある。
sou5redm.gifpin5redm.gifman5redm.gifman5aom.gif

青五萬はそれだけで赤牌の二倍の現金牌だ。
だから青五萬が捨てられることなど滅多に無い。
それを切る以上、ヤミ聴は意味が無いと判断したのだろう。

その時点でのトップ目の私の手牌は、

man1m.gifman2m.gifman3m.gifman5m.gifman5redm.gifman8m.gifman8m.gifman9m.gifhakum.gifhakum.gifsham.gifsham.gifsham.gif

一二三五(赤)五八八九白白西西西

配牌からダブ西が暗刻で萬子メンホンの一向聴になっていた。

「ポン!」

私は棚ボタの青五萬を叩いて、九萬を通した。

man1m.gifman2m.gifman3m.gifman8m.gifman8m.gifhakum.gifhakum.gifsham.gifsham.gifsham.gif   man5m.gifman5aomyokoman5redm.gif

何でも通るはずだ。不ズキの親の待ちは見えている。
タンピン模様のタケさんの河にはpeim.gifsham.gif
第一打から北西と並んで切り出されていた。

対面が七対子の聴牌なら北単騎で待つだろう。
二倍の現金ドラの青五萬単騎も捨てがたいはずだ。

七対子ではない…とすれば、国士無双の…西単騎。

西は私が打たない限り純カラの待ちだ。私が打つわけも無い。
赤青の五萬を使って、ツモれば三枚オールのハネ満なのだ。
ハネ満の和了よりも三枚オールが美味しい!
七萬を引いたら振り聴の六-九萬でツモに賭けようか…
そんな余裕さえ持っていた。

出ると負けで、今回もラス目の対面はツイて無いのだ。
無い牌をツモろうとする必死の形相が哀れにも可笑しかった。

が…次の瞬間、

「ツ…ツモ!!役満です!」

メンバーとも思えぬ、うわずった歓喜の声が響いたのだ。
盲牌したツモ牌を握り込んだまま喜色満面、
上気した顔で開いた手牌は…

man1m.gifman9m.gifpin1m.gifpin9m.gifsou1m.gifsou9m.gifhakum.gifhatum.giftyunm.giftonm.gifnanm.gifpeim.gifpeim.gif

読み通りの寸分違わぬ国士無双の聴牌形!

紛れも無い純カラのはずの西単騎だ…!

「そんな…馬鹿な…!?」

つづく…

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。