**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2007.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007.11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭りマンボ

ボクシングの亀田一家の反則事件に対する処分が決まったようだ。
試合後の一連の騒動のニュースにはまったく興味はなかったが、
過度の挑発行為や反則技を受けながら防衛を果たした後の、
チャンピオンの内藤選手のコメントの一言には感心した。
ほんの一瞬の前置き発言で、正確には覚えていないが、
亀田の態度をどう思うか…といった記者の質問に、
――亀田のおかげで僕の知名度も上がりましたから…
といった意味の答えをしていたのだ。
彼は現役のWBCフライ級世界チャンピオンだ。
世界チャンピオンだが18歳の挑戦者よりも知名度が低い。
私には彼のコメントがメディアに対する皮肉にも聞こえたが、
正直な気持ちだったのだろう。笑って答えていた。

一般大衆の大部分はボクシングの技術などに興味は無い。
世間が関心を示さない対象が脚光を浴びるはずもない。
マイナーな業界の話題をマスコミが取り上げるわけもない。

亀田一家への関心は、当初から一般家庭とはかけ離れた
独特の家族の絆や教育法といった特異な形態に対する、
茶の間の半野次馬的好奇心だったろう。
一家族が全員、リングという舞台での世界制覇を目指して、
一丸となって戦う異端の武闘流派への好奇の目だ。
風俗としてのファッションであり、一種の仇花ともいえる。
はやりに対しては、マスコミは一途に煽り、また扱下ろす。
その根底に現代社会の病巣が有るとか無いとかの論評は、
その道の学者や評論家の検証に委ねればよいことだが…。

事の是非、倫理の垣根を越えて眺めてみれば、
亀田一家の登場とこれまでのリングに於ける緒戦の成果は、
低迷するボクシング業界を活性化したのは紛れも無い事実だ。

今や時の人となったチャンピオン内藤の次回の防衛戦は、
TV局の中継権の争奪戦になっているという。
内藤選手は誰よりも心得ているようだ。
――亀田のおかげで…だ。


それを聞いて思い出した――。
阿佐田哲也の発言で心に残っている言葉がある。
いつ頃どんな記事で読んだのかは忘れてしまったが、
多分、麻雀プロ組織の創設時に陳べたコメントだと思う。

『麻雀プロの団体をプロレスのようにしたい…』

そんな発言をしているという記事を目にしたことがあった。
正直そのときは、
――何を言ってるんだ、このオッサンは…と思った。
私には麻雀とプロレスがどこで繋がるのか理解できなかった。

昔、TVが普及し始めた頃のプロレスは無類の人気番組だった。
私も幼少の頃、TVでプロレスを観て夢中になった少年だ。
外国人レスラーを相手に空手チョップで奮闘する力道山は、
大人も子供も日本中が憧れるヒーローだった。
しかし、次第にリングに漂うシナリオの臭いが鼻についてくる。
敵の攻撃技を進んで受けて倒れるようなレスラーの演技や、
サーカスのピエロのようなレフリーの茶番劇をみせられると、
田舎芝居を観ているような苛立ちを覚えるようになった。
熱しやすく冷めやすいという生来の悪癖もあったと思うが、
観るのが馬鹿馬鹿しくなり、すぐに嫌いになってしまった。

そんなプロレスと真剣勝負の麻雀に何の関連があるのか…。
連日連夜、盛り場で鎬を削って戦っていた麻雀打ちには、
およそ理解できるような話ではなかったのだが…。

麻雀打ちから足を洗い、ゲームを楽しめるようになってから、
阿佐田哲也の発言の真意が理解できた。
雀聖には透えていたのだと思う。
舞台の上で流行の舞を踊っているだけの自分達の姿が…。
麻雀のプロを売り物にすることの困難さと危うさが…。
麻雀打ちを職業とするプロの団体を立ち上げ担保するには、
プロレスのような興行の形態を採る以外にないだろうと…。

過去に於ける二度の麻雀ブームの起爆剤となったのは何か…。
一次は多くの著名文化人による麻雀賭博事件。
二次は一億総ギャンブル狂時代のプロギャンブラーの出現。
いずれも賭博に対する大衆の好奇心が引金となっている。
残念ながら社会的には決して健全な動機とはいえないのだ。

世論や流行、ブームといったものは押しなべてそういうものだ。

亀田一家に哀悼の意を捧げたい……。

ん?哀悼って…殺しちゃまずいか…
いや、ただのお悔やみですから…再起を祈って。


スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。