**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2007.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2008.01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバー百景(1-L)

工藤君…と聞いて、
私はオーナーに代走を頼んでいる卓に目を向けた。
私が座っていた席はレジを背にする位置なので、
こちらからは麻雀を打っている人間の顔は見えない。
私の代走をしているオーナーは広い背中を前後に揺らしながら、
脇見もせずにひたすらゲームに集中しているようだ。
その対面の窓際の席に、喋りながら打っている猿顔の客がいた。
工藤君が辞める原因になった喧嘩の相手――河内だ。
その日、私は昼過ぎからずっと河内と同卓していたのだ。

「工藤君か…。今、何をしているんだ?」

私も吉田に合わせて声を潜めて訊ねた。

「プーですよ。ずっと高田馬場あたりで遊んでいたようです」

「高田馬場…?」

「ヤツのアパート… 早稲田通りを入ったとこだから…」

「そうか、そう言えば前は馬場の雀荘にいたって言ってたな」

「古巣を根城にして遊んでいたらしいんですけど…」

「その古巣じゃ働けないのか?」

「メンバーは揃ってるからって、断わられたそうです」

この店でも工藤君が辞めてから一週間もしない内に、
新しいメンバーを補充していた。
新しいといってもずぶの素人ではない。
以前に別の雀荘で吉田の下について働いていたメンバーで、
私も少なからず面識のある男だった。
歌舞伎町を離れていた彼を吉田が呼び戻したのだ。
だから、今のところ、この店の人員は足りている。
工藤君一人ぐらいなら雇えないことはないだろうが、
彼の場合、やはり辞め方に問題があるだろう。

河内は事件直後の一時期はよその雀荘に通っていたが、
最近は又、三日にあげず顔を見せるようになっていた。
吉田は客の折々のマナー違反に対しては頻繁に注意を促すが、
余程の事が無い限りレッドカードを切ることはない。
この一件にしても喧嘩両成敗のようなかたちで収めていた。
河内は自分にも非があったことを認めて水に流したらしい。
マナーを守ると約束したというが、まあ、性格は直らない。
現に今も対面で「ぼやき麻雀」を打ち続けているのだ。


そのぼやきが突然喜色の発声に変わった。

「リーチ!リーチ!親リー!」

河内がリーチをかけてきた。

「マスターは代走だろぅ。 振るなよぉッ…」

すかさずオーナーに揺さぶりをかけている。

オーナーが慌てて振り返った。
私に気付くと、

「天羽さん! 早く戻って…。親がリーチだってよぉ…」

手招きしながら席を立とうとするオーナーを、
私はレジの前にたったまま制止した。

「いいからやってよ。任せるから…」

「任せるったって…」

「好きに打っていいから…」

「いや、来て見てよ…。この手…」

すると下家の客が、

「任せるって言ってんだから良いじゃん」

戸惑うオーナーを引き止めて続投を促した。

渋々腰を下ろしたオーナーが、下家に急かされながら、
手番の牌をツモった。
そして首を傾げて固まってしまった。
どうやら一発で危険な不用牌を掴んでしまったようだ。

「うーん、いい手なんだが、親リーじゃなぁ…」

首を回してこちらを窺い、

「天羽さん…。勿体無いけど、降りちゃうよ…」

私は任せたのだから文句は言わない。好きにすれば良いのだ。
オーナーの視線をシッ!シッ!と手で追い払うまねをしながら、
わざとらしくそっぽを向いた。
その時――。
チラッと視界に入った河内の表情に違和感を覚えた。
なんだ…? 改めて見直す。表情だけではない――。
気付いた―。会話だ。河内の口の動きが止まっているのだ…。
常に軽口を吐いているはずの男が、なぜか無口になっている。
なぜ…?
私が弾き出した答えはひとつだった…。

――喰えない野郎だ…と溜息が出た。

つづく…

スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

メンバー百景(1-K)

それは、たまたま私が吉田の店で遊んでいた日のことで、
滅多に顔を出さないオーナーが珍しく顔を出していた日だった。
立ち見をしていたそのオーナーに代走を頼んでトイレに立ち、
用を済ませて卓に戻ろうとした私に、
レジの中から吉田がそっと声を掛けてきた。

「今夜…、いいですか…?」

いつものことで、飲みに行こうという誘いだが、
オーナーが来ているので気まずい様子だった。

通常、フリーの雀荘の経営者は客と従業員の親密な交際を喜ばない。
店外での客との交流を従業員規則で禁止している店も少なくない。
不正行為や引き抜きなどの原因になるとの考えからだろう。

しかしこの規制も盛り場で営業する寡卓の雀荘では難しい。
盛り場の常連客の大半は店主や従業員との交流を好むからだ。
麻雀以外の付き合いも集客手段として不可欠な要素となっている。
それを規制すると経営そのものが破綻してしまう恐れがあるのだ。

歌舞伎町という街は雀荘の数が多い。
麻雀と書かれた看板は軒を並べるどころか、縦にさえ並ぶ。
一つのビルに数件の雀荘が入っているのも珍しくは無いのだ。

異常ともいえるほど雀荘の数が多い街だが、そこでは、
知らない店に飛び込むような客は殆ど無いに等しいのだ。
つまり、どの店も常連客を主体にした営業を強いられるわけだが、
結果として狭いエリアに出入りする限られた客の取り合いになる。

そこで、ある雀荘に勤める優秀なメンバーが店を移った場合、
その流れで客の大半が移動してしまうといった現象も起きる。
客にとっては同じ歌舞伎町で好きな店を選ぶだけのはなしだ。

だから店主やメンバーの人脈、集客力が物を言うのだ。
麻雀業界で個人的に客を持っているような顔の広いメンバーは、
水商売の高級クラブの売れっ子ホステスのようなもので、
他店からのヘッドハンティングの対象にもされる。
歌舞伎町では雀荘の経営も水商売のような感覚が要求されるのだ。

吉田は切れ者というわけではないが歌舞伎町界隈では顔が広く、
オーナーからは交際費の使用まで許されている人気者だ。
しかし毎晩のように飲み歩くので交際費など三日ともたない。
誰かに誘われれば断われない。自腹を切っても遊びたい。
仕事と遊びの区別が付かない、いや、付けられない男なのだ。

だからアウトとして彼がレジから持ち出す金額は増える一方で、
時折、オーナーから苦情や叱責が入る。
私も相談されて注意してくれと頼まれたこともあったが…。
説教すれば素直に反省はする。
だが、遊び好き、酒好きの性格は直らない。
客との付き合いは仕事だと主張しながらも後ろめたさがある。
吉田にとってオーナーは、やはり煙たい存在なわけだ。

吉田はオーナーを意識しながら声をひそめて、

「さっき、工藤から電話があって…」

仕事先を紹介してくれと頼まれたのだと耳打ちしてきた。


つづく…


テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

メンバー百景(1-J)

この記事は一週間前にUPできたのですが、
一ヶ月放置したらどうなるのか知りたくなったので…
一度、不渡り手形を出してみようかと…(^_^;)

カレンダーの表示ががおかしくなってるようですね。

メンバー百景は(1-I)で中断してしまいましたが、
私なりの考えがあってのことでした。

(1-F)での最後の表記

「でも、工藤のやつ、天羽さんは手牌には触れなかったって言ってたなぁ
 ヤマからツモって盲牌してそのままツモ切りしたって…?」

確かに私は手牌を手元に伏せたままだった。
そして、そこには寸毫も触れはしなかったのだが…


この時の手法を説明すべきか否か迷ったからです。
今もまだ迷っていますが…
とりあえず、続きのかたちで何篇か書いていきます。




工藤君は、しばらくしてその雀荘から姿を消した。
吉田が休日で休んでいた日に客と諍いを起こしたらしい。
翌日から出て来なくなったのだという。

「客と揉めたって、誰と…?」
「河内さん…、いつもの調子で八つ当たりされたようです」
――やはりそうか…と思った。
立場の弱いメンバーをいたぶって喜んでいるような客は、
何処の店にも一人や二人はいるものだ。
常連客の河内は気分屋で我儘な男だった。
勝ってる時には調子にのって自画自賛の軽口をたたき、
負けだすと些細なことに難癖をつけて嫌味を言い出す。
聞き流して相手にしなければ良いのだが…

「若いからなぁ…。我慢できなかったんだろう」
「ええ…、次の日に俺に電話があって、辞めますって…」
「そのままか…」
「辞めてどうするんだって訊いたら、遊ぶつもりだって…」
「ほぉ、余裕だなぁ…。貯金でもしてたのか…?」
「多分…。使うところがないからね。俺と違って…」
「それは言えるな。ははは…」

吉田は遊び好きで自堕落な生活を送っているが、人望はある。
歌舞伎町の麻雀業界でも一目置かれているような男なのだ。
何よりも情があって面倒見が良いから目下の者から慕われる。

「彼は、アウトは無かったのか?」
「今月は赤なんですけど、大した額じゃないから…。
 オーナーにも了解を取って、まあいいだろうって…」
「そうか…。しかし、遊ぶったって、どうせ麻雀だろう…」
「でしょうね…」
「いつまでもつか…」
「ええ…」
吉田はふっと淋しげに俯き、
「困ったら電話しろよとは言っておいたんですけど…」
溜息まじりに呟いた。


その電話…工藤君からのSOSは三月足らずでかかってきた。


つづく…月曜日かな

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。