**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀の正解(3)

S君に対しては、圭佑のような無責任な対応はできなかった。

彼はこのブログの存在を知って以来、記事を読む際には、
常に私という書き手を意識しながら読んでいたはずだ。
何を思い、どんな気持ちで読んでいたかは分からない。

仕事の成り行きで以前よりは会う機会が減ってはいたが、
それでも月に二度か三度は必ず顔を会わせていた相手だ。
私に対してはいつも笑顔で接し、微笑みを絶やさぬ男なのだ。
笑顔には悪魔をも謀る魔力があると言うが…
不覚にもこの数ヶ月、彼の態度に変調を観た記憶はまったく無いのだ。

相手が女性なら、そう、美人なら表情の微妙な変化にも気付いたろうに…
気付いた上で、W厄マンなんぞに振り込んじまうこともあるわけだが…

まあ、艶っぽい教訓話はさておいて…

何だっけ…?そうかS君への対応だ。

彼の質問の内容や態度から察するに、私やこのブログに対して、
特に拒絶反応や嫌悪感を抱いているような雰囲気ではないわけだ。
私なら有り得ることと納得して読んでいたのかもしれない。
それならば問題は無いが…ん?微妙だな、なんか複雑な心境…

兎にも角にも、個人情報の流出拡散には歯止めを掛ける必要があった。
私を知る身近な読者などいらんのだ!彼だけに留めたい。
そのためには、誠意を持って対話し、交渉をしなければならなかった。
そうだ、これも読むだろうから念を押しておこう。
いいねS君! このブログは君の同僚や上司にも他言無用だぞ!
あ、上司といえばコーヒー豆は四種類、昨日受け取ったからね、有難う。

で、何だっけ?

そうだ、S君との問答だ… どうもいかんな今日は…

彼の「一局の正解」という表現に関しての疑問は予想通りのものだった。

麻雀とは四人の対戦者がそれぞれに与えられた条件を受け入れた上で、
取捨選択によって手役の完成速度と評価点の多寡を競うゲームですから、
正解は多様で、それは総て結果論にしかならないでしょうという、
理路整然とした、極めて論理的なものだった。

私はレポートの発表を聞く講師のようにフンフンと頷きながら、

「そうだ、それは正しい…が、それはゲームを実行した結果としての正解だ、
 一局の正解とは一局の必然的結果、天命という意味で使ったんだ」

普段は使わない天命なんぞという言葉を使って説明しようとした。
通常の語義としては天命も運命も同義で、さほどの違いはないと思うが、
私は便宜上、天命と運命とを使い分けることにした。
天命は不変の定め、運命は運を意識しての可変の定めとして…

「天命…?」

「山が決まり、全員の配牌が決まれば、当然その局の最終形も確定する
 その確定した事象が天命だ」

「……?」

「全ての牌の所在は定まっているんだ、正解は出ている、見えないだけだ」

「見えないのに正解ですか…? ポンやチーで変わるでしょう…?」

「選択の正誤の話じゃ無い、結果はひとつで既に決まっているということだ
 それ以外の結果は、総て失策に因る奉仕ということになる」

「言ってることが、よく…」

「解らん…?」

「はい」 

「麻雀の一局の終了は、誰かがあがるか、誰もがあがれないかの
 二つに一つしか無いだろう」

「……えーと、はい… あ、ダブロンは…」

「ダブロン?」

「それと、チョンボの場合も…」

「……(絶句)」

グーかパーかと言いたくなったが、深い溜息だけで耐え忍んだ。

だが、この後の驚きと落胆に比べれば、これはまだ序の口だった…


まだ…つづきがあるの…飽きたけど。

スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

コメント

(≧∇≦)/ ハハハ

「呆れて言葉が出ない姿」が目に浮かびましたよ(笑)

多分、彼は私がブログに書いた[パズルゲーム]の世界の住人さんですね。

ポンもチーも含めての運命なので、答えは[その対局の結果そのもの]だと言うことですよね?
結果論というのは無意味に牌符を眺めて楽しんでいる人に対して使って貰いたいものです。

子皮さま

落ち着いて下さい。(笑)

>ポンもチーも含めての運命なので、答えは[その対局の結果そのもの]だと言うことですよね?

結果論を運命論に変えても、S君と同じ見解になりますよ。
共にゲームの結果、麻雀の正解としては間違いではありませんが…

今回は天命と運命を分けた意図をご再考下さい。

一局の正解という表現の意味は、
その一局に与えられた、究極の結果という意味です。
全員がそれを知って戦えば、結局はそこに収束するという、
天命としての正解という意味です。

次回の記事で些かの説明を試みます…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amou0.blog62.fc2.com/tb.php/51-55895a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。