**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀の正解(6)後編

ー全開麻雀ー

配牌を取り終えたら王牌以外の山を全て開いてしまい、
手牌も山も見える状態でゲームをしたらどうなるか。

まあ結論からいえばーーつまらないの一言だ。
展開予測に終始することになるのだが、
情報過多で思考回路が混乱して神経衰弱になりかねない。

その部屋では雀卓として広めの炬燵板の裏を使っていたので、
山を二列に並べて開放するスペースは充分にあったのだが、
手牌も河も山も全部が色絵面の表向きという状態は、
視覚的に、とても手に負えるようなしろものではない。

正直なところ、お試しを…などと薦めはしないが、
一応、ゲームのキーポイントだけは説明しておこう。

卓上の牌が全部見える環境でゲームをすれば、
常に全員がどんな状況になるのかがわかってしまう。
山も自摸の流れも見え、誰が速いか遅いか、
どんな手でどんな展開になるのかも一目瞭然なのだ。
(実際はそんな生易しいものではないのだが…)

そこで、自分が和了るためにはどうすれば良いのかを考える。
先の展開―正解が見えるのだから、先の先まで考える。

全部見えていたらどんな選択になりどんな捨て牌になるのか。
いわゆる死にメンツを待っていても埒が開かないわけで、
当然、自摸筋に可能性のあるメンツに切り替える。

打ち手がミスを犯すとはどういう状況なのか。
鳴けばこうなる、鳴かないとああなる…
鳴かせれば、止めれば…
先々で相手に振込んでしまうといった結果も見える。
しかし振込みになる牌がわかるので回避することはできる。

全員がミスを犯さずに打ち抜いたらどういう結果になるのか。
自分が和了れないなら相手の和了を阻止することを考える。
他者の和了を阻止するにはどう打たなければならないのかを
四人がそれぞれ眼を凝らし、先を読んで必死に考えることになる。
三対一では、誰もが和了れずに流局することが極端に多くなる。

しかしどんなに努力をしても阻止できない展開もある。
巡目に関係なくどうしても誰かの和了になってしまう流れだ。

簡単に決着が着くか流局かのいずれかになることが多い。

競技者がどのように努力しても避けることができない結果。
それが「一局の正解」として与えられた究極のシナリオであり、
それ以外は自力他力の綾による人間業の結果に相違ないのだ。

全開麻雀はゲームというよりはパズルに近いものだった。
競技者は一局の正解に沿って打牌を選択しなければならない。
そこには手牌の構築に関しての定石らしきものなどは、
欠片も見出せはしない。意味が無いのだ。
まあ、麻雀とはいえないので当然といえば当然なのだが…

リーチは将棋の王手のようなもので90%和了を意味している。
(説明は省くが100%ではない)
他にも10秒ルール(思考時間)とか色々な決め事を創っていたが、
頭の回転の良さ、思考能力の優劣だけを競うようなゲームになる。
勝負は必然的に誰かのミスによって決着がつくことが多くなる。
だから互いのミスを期待するようなゲーム内容になってしまい、
相手の失策を咎めたり馬鹿にするような終局場面が頻発した。

発案者で将棋が得意だったK大生の○山君は好んでいたが、
他の者は頭が痛くなるだけで面白いと言う者はいなかった。
それはそうだ。IQテストが面白いわけは無いのだ。
麻雀は山も手牌も見えない方が楽なのだ。
見えないから面白いし、楽しい。
見えれば見えるほど複雑になり思考回路がパンクする。

みんながそっぽを向いたので直ぐにやらなくなってしまったが、
数々の変則ルールのプランナーである○山君。
次の提案は、
「ほな、手牌だけ見せんかったらええやろ?」
「そや、山を一列ずつ順に開いてくっちゅうのは…」

私の記憶が確かなら、関西の鉄工所の次男坊だったはず…
彼のその後の所在や職業は不明だが、
あの革新の意気、新進気鋭の精神…
企画畑の仕事に就いたなら確実に成功しているに違いない。

想えば、あの玄関にあった(革)印の白いヘルメットは、
彼のものだったのかも知れない…

浪花友あれ…、
いや、何はともあれ、
我々が代々木雀狂病棟の同窓だったことだけは間違いない。

私はその明るい病室への入退院を繰り返しながら、
やがて、その仲間とセットを組んで訪れた深夜営業の巣窟で、
地下室の隔離病棟に続く禁断の扉を開けてしまうのだが…
スポンサーサイト

コメント

ほうほう、

やはり、他にも経験者がいましたか(^-^)

私は二局ぐらいで吐き気をもよおしましたけどね(笑)

子皮様

全開麻雀は遊ぶだけなら一人でもできますから、
麻雀打ちなら、誰でも一度は試みるようです。

しかし、四人での実践を体験している雀士は少ないでしょう。
こんな遊びを真剣にできるのは雀狂病棟の重病患者だけです(笑)。

技術的には正規の麻雀にはおよそ役には立ちません。
が、麻雀とはどんなゲームなのかを知る術にはなります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amou0.blog62.fc2.com/tb.php/56-ad7b4255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。