**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色夜叉(4)

本音を言えば、私は白ポッチのようなルールは好きではない。
オールマイティの牌などは外道だという感覚が付き纏う。

私自身その恩恵を受けて、役満さえ物にしているのだが、
それでもやはりピンとこない。

まだルールに不慣れのころ、四暗刻聴牌でリーチをかけて、
数巡後に白ポッチを自摸切りしてしまったこともあった。

四暗刻のシャンポン待ちの二牌だけに気を取られて、
白ポッチへの意識が飛んでいたのだ。
古い話で、何待ちだったかまでは覚えていないが、
多分、牌絵面に余白の少ない⑧⑨筒や89索のような牌、
盲牌でも瞬時に判るような牌のバッタ待ちだったと思う。

役満ツモの期待はザラザラの感触――

つるりときたからそのままツモ切り――

一瞬、場が停止。全員の目が点になる。
ハッと気付いて、私は白ポッチを河から引き戻したが、
役満だったせいで、多少揉めたような記憶がある。
どう処理したのかも忘れてしまったが…

その後一度だけ大三元も和了っている。

pin2m.gifpin4m.gifpin4m.gifpin9m.gifhakum.gifhakum.gifhakum.gifhatum.gifhatum.giftyunm.gifhatenahatenahatena

②④④⑨白白白發發中???  ?は覚えてない牌ネ

白が暗刻で發が対子、中が一枚ある上のような配牌から、
すぐに發と④筒が暗刻になり③筒も引き入れたが、
そこで停まってしまった。

しばらく無駄ヅモが続いた後に中を引き入れ、

pin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin4m.gifpin4m.gifhakum.gifhakum.gifhakum.gifhatum.gifhatum.gifhatum.giftyunm.giftyunm.gif

②③④④④白白白發發發中中

やっとメンホンの聴牌にこぎつけたが、
既に中と②筒は枯れ、③筒も残り一枚という河模様だった。

他家の捨て牌に②筒が三枚、③筒が二枚、①筒も二枚見えている。
私は①-④筒狙いでリーチに打って出た。

そして、一発ツモが白ポッチ――
pin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin4m.gifpin4m.gifhakum.gifhakum.gifhakum.gifhatum.gifhatum.gifhatum.giftyunm.giftyunm.gif ツモsiropotti

②③④④④白白白發發發中中 ツモ白(P)


僕ちゃん危うく「槓っ!」と叫びそうでした。(←嘘)


中が二枚、白が四枚の大(小)三元――??

siropottihakum.gifhakum.gifhakum.gifhatum.gifhatum.gifhatum.giftyunm.giftyunm.gif


これで役満なんです!

ねえ、どうよこれ、いいのかぁ? 本当に役満でいいのかぁ?







「俺、白ポッチで国士を和了ったの、初めてですよ」
興奮冷めやらぬメンバーがリセットボタンを押しながら謳った。

「手が悪いから国士になるんだろう…」
タケさんが無表情のまま、ぼそりと切り捨てた。

不ヅキの者を立ち直らせてはいけない。心理戦の常套手段だ。

手が悪いから…の一言で、メンバーの笑顔が曇る。
役満一回ぐらいでは取返しがつかない負けの深さを思い返して
高揚感が萎えていく。不安と焦りが再燃する。


国士無双という役は変則形であり、一種の救済役ともいえる。
その手作りへの意欲は、十中八九配牌によって触発される。
いわゆる悪い配牌――
ヤオチュウ牌が八種九牌前後もあるような配牌によってだ。

誰しもバラバラの配牌を手にして喜ぶ者はいないだろう。
通常の場況であれば決してツいているとは思わないはずだ。

だがバラバラの配牌が一概に悪い配牌だとは言いきれない。
配牌に固定要素が少ないということは、裏を返せば縛られない、
手牌の自由度が高いということでもあるのだ。
ツモ次第で見違えるような形に豹変する場合もある。

また、ツモに恵まれずになかなか手にならない場合でも
始めから和了への期待が薄いだけに進退の見切りもつけやすい。
麻雀は毎局和了れるわけではない。和了る必要もない。
状況によっては早々に見切りをつけることで、
良い結果に繋がることも決して少なくはないのだ。

目先の聴牌への期待値や向聴数のみで配牌の優劣を測るのは、
木を見て森を見ずの近視のナルシストの価値観だろう。

配牌の良し悪しはその局面での要件を満たしているか否かであり、
常に大局観を踏まえた考察を抜きにしては語れない。

点棒の無い状況での9種9牌は良い配牌ともいえるのだ。




起家は持ち回りで移動するルールだ。
タケさんが起家マークを持ったままダイス・ボタンを押した。
ピンゾロで、私の山からの取り出しが始まったとき、
タケさんに彼が裏メンで雇われている店の様子を訊いてみた。
「○○は最近暇なのか?」
「え?ああ、どうかな、俺もしばらく顔を出してないから…」
「辞めたのか?」
「ええ、まあ…」
「そうか、辞めたのか――」

どうりで呼び出しの携帯が鳴らないわけだ。
他力で卓を割るという虫の良い期待は消えてしまった。
ならば褌を締めなおして、朝まで戦わなければならない。
いや待てよ、まだ午前一時を回ったばかりじゃないか。
客が来るかも知れないじゃないか。
客が来たらラス半をかけて交代する手があるじゃないか。
要は卓が割れなければいいんじゃないか。

じゃないか、じゃないかで、うん、そうしよう…と

初心を忘れ、新たな他力への期待を思い描いたその時――

「リーチ!」

対面が第一打を横に曲げてダブリーを宣言してきた。

役満の余韻が消えないままにダブル立直の配牌を手にしたようだ。 
それも決して悪い待ちではない。気色で瞬間に読めた。
両面、下手をしたら三面張の待ちかもしれない。
マズイ! 流れが変わる! 

この再スタートでの配牌が愚形でバラバラであったなら、
前の国士無双はネガティブな印象を上塗りするだけだ。

が、役満の後にダブル立直の配牌――この展開はマズイ。
僥倖の連続はツキに対する確信、選択の自信に繋がるからだ。
このリーチが高得点の和了になるようなら最悪になる。

そして私は、ここで決定的なミスを犯してしまう――。

スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

コメント

私なら

正面から喧嘩売ります。

「もいっぺんどん底まで墜ちて来~や!」

ってね(^^ゞ


どっちが上か測るのにはダブリーは有効だと思うので、たいていは喧嘩すべきなのです。(満貫以上確定とかのマイナールールは除く)


ドSだから、力で捩伏せるのが好きってのも有りますが(笑)

子皮さま

通常ダブリーなどは対処を考えても無駄ですから、
東の一局なら手成りの真向勝負で良いんですけどね。
東風戦なら親は10割、子は8割方の押しが定石でしょう。
まあ、どちらも手牌とツモの状況にもよるわけですが、
出だしからビビッているようじゃ話にならないんでね。

この局面では何としても叩いておかないといけない。
達者な親ならノミ手でも全ツッパするでしょう。

え? 子皮さんドSだったんですか?
私はてっきりだと思ってましたが…(笑)

手段としては

同レベルの相手への差し込み

自らアガる

山を崩す

がありますが、どれが最良なんでしょう?

三つ目なんかオススメですが(笑)

子皮様

はい、三つ目ですね。
チョンボで8000点払いましょう(笑)

降りる手掛かりが無いから手成りの速攻…それだけですよ。
とりあえずは自手の構築だけを考えるしかない。
他家を無視した「何切る」問題を実践する機会ですよ。

ダブリーだけで二飜――最低でも2600点以上。
ノー聴罰符が場3000点ですから、
他者に安手が見えたら差込も考えられますが、
赤ドラ麻雀では注意が必要です。
外見だけで指名したら、ニューハーフが現れるかも。
「どんだけ~?!」と叫ぶことになる…(笑)


バブリー麻雀

だからこそ三つ目が有効なんですね(^_^)

ピンでチップが500だったら一枚あったら元ですから、

「あっ!ゴメン」

で済ませるのが上策(笑)



汚かろうがなんだろうが、自分が凹まずに遊ぶには犠牲が必要なのです。






って頭では分かってるんですけどね…f^_^;

だから、私は麻雀では喰ってけないんですよ。

甘いな…(-.-;)

レッドカード

トントン!←肩叩きネ

「お客様、誠に申し訳御座いませんが、
 他のお客様全員から苦情が…
 はい、毎回、山を崩すチョンボが多すぎると…
 当店もお客様有っての商売ですから、
 済みませんが明日からは当店への出入りは…」

どっちにしても喰えねえぞ~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amou0.blog62.fc2.com/tb.php/61-79c9bff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。