**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバー百景(1-K)

それは、たまたま私が吉田の店で遊んでいた日のことで、
滅多に顔を出さないオーナーが珍しく顔を出していた日だった。
立ち見をしていたそのオーナーに代走を頼んでトイレに立ち、
用を済ませて卓に戻ろうとした私に、
レジの中から吉田がそっと声を掛けてきた。

「今夜…、いいですか…?」

いつものことで、飲みに行こうという誘いだが、
オーナーが来ているので気まずい様子だった。

通常、フリーの雀荘の経営者は客と従業員の親密な交際を喜ばない。
店外での客との交流を従業員規則で禁止している店も少なくない。
不正行為や引き抜きなどの原因になるとの考えからだろう。

しかしこの規制も盛り場で営業する寡卓の雀荘では難しい。
盛り場の常連客の大半は店主や従業員との交流を好むからだ。
麻雀以外の付き合いも集客手段として不可欠な要素となっている。
それを規制すると経営そのものが破綻してしまう恐れがあるのだ。

歌舞伎町という街は雀荘の数が多い。
麻雀と書かれた看板は軒を並べるどころか、縦にさえ並ぶ。
一つのビルに数件の雀荘が入っているのも珍しくは無いのだ。

異常ともいえるほど雀荘の数が多い街だが、そこでは、
知らない店に飛び込むような客は殆ど無いに等しいのだ。
つまり、どの店も常連客を主体にした営業を強いられるわけだが、
結果として狭いエリアに出入りする限られた客の取り合いになる。

そこで、ある雀荘に勤める優秀なメンバーが店を移った場合、
その流れで客の大半が移動してしまうといった現象も起きる。
客にとっては同じ歌舞伎町で好きな店を選ぶだけのはなしだ。

だから店主やメンバーの人脈、集客力が物を言うのだ。
麻雀業界で個人的に客を持っているような顔の広いメンバーは、
水商売の高級クラブの売れっ子ホステスのようなもので、
他店からのヘッドハンティングの対象にもされる。
歌舞伎町では雀荘の経営も水商売のような感覚が要求されるのだ。

吉田は切れ者というわけではないが歌舞伎町界隈では顔が広く、
オーナーからは交際費の使用まで許されている人気者だ。
しかし毎晩のように飲み歩くので交際費など三日ともたない。
誰かに誘われれば断われない。自腹を切っても遊びたい。
仕事と遊びの区別が付かない、いや、付けられない男なのだ。

だからアウトとして彼がレジから持ち出す金額は増える一方で、
時折、オーナーから苦情や叱責が入る。
私も相談されて注意してくれと頼まれたこともあったが…。
説教すれば素直に反省はする。
だが、遊び好き、酒好きの性格は直らない。
客との付き合いは仕事だと主張しながらも後ろめたさがある。
吉田にとってオーナーは、やはり煙たい存在なわけだ。

吉田はオーナーを意識しながら声をひそめて、

「さっき、工藤から電話があって…」

仕事先を紹介してくれと頼まれたのだと耳打ちしてきた。


つづく…


スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amou0.blog62.fc2.com/tb.php/67-eeeaf9b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。