**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊侠

今年は阿佐田哲也が他界して20年の節目にあたる。
関係筋では様々なイベントが企画されているようだ。

私は阿佐田哲也の作品を好んで読んでいたというだけで、
面識はおろか邂逅の縁さえも無かった埒外の人間だが、
その著作物を通して受けた影響は計り知れないと思っている。
私の場合は麻雀の戦術や方法論を著した技術的な作品よりも、
むしろギャンブル小説やエッセイの行間に織り込まれている
バクチをする人間の情動と哀愁のエッセンスに魅かれていた。

ギャンブルを題材にした作品からペーソスを除いてしまえば、
あとは御伽噺しか残らないだろうと思う。
御伽噺は人間の夢や希望なのか…。

パンドラの箱に残されたものとは…。

一寸先のことは人間には判らない。
やはり箱の中に残されたのは「予兆」なのかも知れない。
未来は神のみぞ知る…ということだろう。
放蕩無頼の人生の大半をバクチの考察に費やしたという、
阿佐田哲也の結論もとどのつまりはそこに行き着く。



不勉強な形ばかりの阿佐田哲也ファンだった私は、
以前から疑問に思っていたことがあった。
終焉の地、岩手県の一関市との関わりだ。

実は、先生が他界して五年後の1994年の一時期、
私は一関市に事務所を構えて移り住んでいたことがあるのだ。
一年近い滞在で飲み屋街には馴染みの店までできていたのだが、
日々仕事に追われて飛び回るような生活を送っていたので、
そこが阿佐田哲也の終焉の地だとは知らずに過ごしていたのだ。
知っていれば生活の痕跡を辿る位のことはしていたと思うが、
事実を知って驚いたのは一関を離れて数年後のことだった。
そして、独り、首を傾げた。
彼が無類の引越し魔だったという話は何かで読んでいたが、
それにしても東京を離れてなぜ一関市などに移り住んだのか、
それなりの理由があるのだろうが私には見当もつかなかった。
阿佐田哲也の資料を漁ればすぐに解けた疑問かも知れないが、
当時は日本中を飛び回る生活でネットにも無縁の環境だったので、
無精者にそこまで調べる意欲は湧かなかった。

それから十年後。2005年の年の暮れだったと思う――。
正月の行事にしていた新宿での麻雀三昧を実践するために、
私は仙台から東京行きの新幹線に乗り込んでいた。
そして、旅客の暇潰しために各席に無料配布されている
JRの広報誌「トランヴェール」のページを捲っていた。
滅多に読まないのだが、温泉の特集に気を惹かれたからだ。
その本の巻頭のエッセイを村松友視さんが書いていた。
内容は地震にあったジャズ喫茶の主人との交誼の話だったが、
それが一関市のジャズ喫茶「ベイシー」の話だと知って、
ハッと閃いた。阿佐田哲也とジャズ…。
そうか、一関には日本一のジャズ喫茶「ベイシー」があるのだ。
阿佐田哲也が惹かれたのは一関市という地方都市ではなく、
そこでしか聴けないジャズの音色だったのではないかと思った。
これは私の勝手な思い込みで、的外れかも知れないが、
もし、そうだとしたら死ぬまで道楽に徹していたことになる。
遊侠ー阿佐田哲也――なんと贅沢な生き様であろうか…。


追伸
いまネットで調べたところ、
やはり転居の動機はジャズ喫茶「ベイシー」のようです。
というより、
阿佐田ファンなら誰でも知ってることらしい…恥(>_<)

現在、一関市で阿佐田哲也展が開催されてるようです。
http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/m/?p=403
http://www.iwanichi.co.jp/ichinoseki/item_11367.html
連休は岩手まで行ってみるか…。
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amou0.blog62.fc2.com/tb.php/88-220d4ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。