**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバー百景(1-P)

アイダという名前からはまるで見当がつかなかったが、
目の前の男の面差しには、確かに見覚えがあると思った。
――何処で遇ったのか…?
記憶が曖昧で思い出せないということは、 
重要な場面で接触した人間ではないということだろうが…。
吉田から電話を受けた時点で、相手の素性や仕事くらいは、
訊いておくべきだったと後悔した。

当の吉田は、私達が社交辞令の挨拶を交わしている最中に、
スポーツ新聞を持って一つ隣のテーブルに移動していた。
私とアイダは旧知の仲で、これから昔の思い出話とかで、
勝手に二人で盛り上がるとでも思い込んでいるのか、
まるで部外者のように離れて新聞のページをめくっていた。

私が会話の糸口を見出せないまま戸惑っていると、
「お仕事の方は…、時間は大丈夫ですか?」
アイダが気遣うような眼差しで訊いてきた。
「え?」
「忙しいと聞いていたものですから…」
言いながら吉田を一瞥してみせた。
私も釣られるようにアイダの視線を追ったが、
吉田は新聞に夢中でこちらの話は耳に入らないようだった。

――俺が忙しいって…? そう吉田が言ったのか…?

不思議に思った。
この頃の私は忙しい仕事などはしていなかったのだ。
少しばかり名前の知れた会社で営業の仕事に就いていたのだが、
その会社では仕事の采配は営業マン個人に委ねられていた。
出社してタイムカードを押し、ちょっとした会議を済ませれば、
あとは自由の身であり、自分の好きなように行動できた。
だから仕事で時間に縛られるようなことは殆どなかったのだ。

その辺のことは吉田もよく知っている筈だった。
なのに、なぜ忙しいなどと言ったのか…?
わけが解らず、返答に窮していると、
ウエイトレスが新客のためのオーダーをとりに来た。
アイダは、空になっている私のコーヒーカップと、
タバコの吸殻が溢れている灰皿を引き寄せ、
それをウエイトレスに手渡しながら、
「コーヒーを三ツ…」
迷うことなく三人分のコーヒーを注文した。

そのとき――、
私は初めて手抜かりがあったことに気付いて愕然とした。

約束の時間に遅れたわけでもないアイダが、開口一番に、
なぜ待たせて済まなかったなどと言って頭を下げたのか…。
そして、なぜ私の仕事の時間などを気にしたのか…。
灰皿だ――。

アイダは席に着く前に、吸殻が溢れている灰皿や、
空のコーヒーカップ見て不思議に思ったに違いない。
待ち合わせの時間と場所を指定したのは私の方だったからだ。
その私が、なぜ長い時間ひとりで待っている必要があるのか。

それは些細な疑問、取るに足らない違和感だろう。
だが、やはり不合理で不自然な展開には違いない。
アイダは気づいたのだ。そして不思議に思った。
しかし、それが自分への警戒心からだとは想いもよらなかった。
だから疑念を残したまま見えるものだけを受け入れたのだ。
待ち時間の痕跡を見て、済まなかったと詫びを入れたわけだ。
言わなくても良いような忘れ物の話まで添えて…。

それからアイダは私の困惑の表情に疑問を抱いたのだろう。
私の苛立ちを敏感に感じ取って、その原因を考えたに違いない。

時間を自分で指定しておきながら異常に長い時間待っていた。
なんのためにそんなに早くから来て待っていたのかと…。 
吉田からは、私は忙しい人間だと聞かされていた。
ならば、ここで誰か別の人間と会う予定だったのではないか…。
そしてその約束は反古になったか変更されたのではないかと…。

だから仕事や時間を気遣うような言葉が出たのだ。
アイダは吉田の話を真に受けたせいで的を外してはいたが、
洞察力は鋭い。決して盆暗の眼ではない――。
迂闊だった。灰皿は事前に替えておくべきだった。
久しく緊張や緊迫感からは無縁の生活を送っていたから、
手配りのタガが緩んでいたのだ。
もし、出会い頭の挨拶で「私もいま来たばかりですから…」
などと間抜けな応答をしていたら――、
薄っぺらな男だと冷笑を浴びていたに違いないと冷や汗が出た。

アイダの柔らかい視線からは好意の色を読み取りながらも、
私はぎこちなく頬笑むしかなかった。

そんな私の心中を見透かしたかのように、
アイダはフッと首を傾げて見せてから、
「だいぶ前に赤坂の盆でお会いしましたが…」
覚えていませんか…と問いかけてきた。

――赤坂の盆で…!?





PS
今回は麻雀の話を書いて無いので、
背景に牌画を入れておきましたから…<`ヘ´>
背景画はそのうちにまた替えちゃうけど…(-_-;)

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

メンバー百景(1-O)

それは、私にとってはありきたりの身の上話だった。
歌舞伎町で多くの雀荘の経営者と接してきた私にとって、
経営の苦労話などは、何処にでもある世間話にすぎなかった。

オーナーと初めて会ったのは、
吉田に呼び出されて歌舞伎町の喫茶店に出向いたときだった。

当時、吉田は区役所の裏のKという雀荘に勤めていたのだが、
店を移るつもりだという話はそれとなく聞いていた。
私はKの経営者とも付き合いが古かったので、
従業員の移籍話などにはなるべく関わりたくはなかったのだが…。

ある日の朝、吉田から電話があって、
私に是非合わせたい人がいると言ってきた。
アイダという人物だと言う。
「アイダさん…?」
「ええ、ご存知でしょう?」
――ご存知…とはヤツには珍しく、馬鹿丁寧な口調だった。
思わず吹いてしまったが、
そのアイダという人物が電話の近くにいるのだろう。
相手は私を知っていると言う。会えば分かるはずだと…。
だが、私はアイダという名前には心当たりは無かった。
相田か会田かは知れないが、ありふれた名前ではない。
多少でも絡みがあれば覚えているはずだ。
が、まったく思い出せなかった。
とにかく会ってくれということで、
一番街の馴染みの喫茶店で待ち合わせをすることにした。

約束をして電話をきってから、不意に不安が襲ってきた。
私が相手を忘れ、相手が私を覚えているということは、
遥か昔、血気盛んな頃に関わりのあった人間かも知れない。
剣呑な世界で向こう見ずな世渡りをしていた時代があるのだ。
あの頃に接触があった人間であれば、無意識の知らぬ間に、
何等かの怨みを買っている可能性も無いとはいえない。

だが…、と気付いて思い返した。
あの頃の私は別の名前で呼ばれていたのだ。
ホステスには――素敵な名前ねぇ、芸能人みたい…。
と揶揄されるようなキザな名前だったが、
歌舞伎町ではその偽名と、もう一つの仇名で通していたのだ。
当時は情を交わした女でさえ本名を知るものは少なかった。
周りから本名で呼ばれるようになったのは、
それなりに真っ当な仕事をするようになってからだ。
昼夜の別無く盛り場に出入りして憚らない生活が、
まともな生活かどうかは判断の分かれるところだろうが…。


私は約束の時刻の一時間前に喫茶店に入って待っていた。
厨房から裏口に抜けられる一番奥の席に陣取って、
スポーツ新聞を広げ、注意深く入り口を見張っていた。

約束の時刻直前、新聞を読み終えた頃に吉田が現れた。
ツレは紙袋を提げた初老の紳士――。
素早く観察したが、一見して堅気の人間だと判った。
まずは安心だが、やはりその顔に見覚えは無かった。

吉田は私を認めると、笑顔で指差して連れの男を促した。
私の前に吉田と並んで座った男は、
「済みません、これを忘れてしまって取りに戻ったので…」
遅くなったのだと言って頭を下げた。
「いや、まだ約束の時間前ですから…」
私は笑顔で受けて、頷きながら、
――この人物には過去に何処かで会っている…。
そんな気がし始めていた。


半端だけど今日は用事があるので、つづく…

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

メンバー百景(1-N)

代走のオーナーの降り打ちを覚悟した私は卓には近付かず、
レジのカウンターに寄りかかって四人の様子を眺めていた。

河内は余裕のニヤケ顔で言葉少なに打っている。
南家は牌をツモる度に迷いながらまわし打ちをしていた。
オーナーは安全牌を探しながら慎重に降りているようだ。
北家が動いた。
「ポン!」と発声したが盤面は見えない。
何を鳴いたのかは判らないが、どうやら、
河内のリーチに向って勝負に出ているようだ。
面白い。見に行こうかと思ったとき、
目の前で電話をかけていた吉田が、
受話器を持ったまま、私の袖を引いた。

「十時半に“凌”ってことでいいですか?」
「ん…?」
「工藤ですよ…。あいつ“凌”ぐらいしか知らないから…」
今夜の待ち合わせの店の話だ。
「リョウか…、俺はどこでもいいよ…」
笑ってそう答えたとき、
背後で「ロン!」という発声がした。
振り返って見ると、河内が歯を見せて笑っている。

私は急いでレジを離れオーナーの傍らに歩み寄って、
河内の前に開かれている手牌を検めた。

案の定、待ちは変則形だった。
リーチの宣言牌を見ると、ど真ん中のsou5m.gif5索だ。
そして、開いた手牌は――、
sou4m.gifsou5m.gifsou6m.gifsou7m.gifsou9m.gifsou9m.gifsou9m.gifpin1m.gifpin2m.gifpin3m.gifman6m.gifman7m.gifman8m.gif
4567999①②③六七八
待ちはsou4m.gifsou7m.gifsou8m.gif――478索。
4-7索と、モロ筋の8索待ちの変則三面張だった。

悪い待ちではない。三面張なら仕方がないと思ったが…。
玉牌を見て目を疑った。
ドラの表示牌に4索が裏返っているのだ。

――sou5m.gif5索はドラじゃねえか…!?
すると河内のリーチは――。
sou4m.gifsou5m.gifsou5m.gifsou6m.gifsou7m.gifsou9m.gifsou9m.gifsou9m.gifpin1m.gifpin2m.gifpin3m.gifman6m.gifman7m.gifman8m.gif
45567999①②③六七八
この形からドラの5索を切って横に曲げたことになる。
9索を切れば――、
sou4m.gifsou5m.gifsou5m.gifsou6m.gifsou7m.gifsou9m.gifsou9m.gifpin1m.gifpin2m.gifpin3m.gifman6m.gifman7m.gifman8m.gif
3-6索でピンフードラドラの聴牌にとれる。
それを、ピンフーも棄て、ドラも棄ててリーチをかけているのだ。
二飜落として三面張でリーチ…?そんな馬鹿な…!
いや、これはこれで否定はしない。アリかも知れない。
場況次第ではこの選択もナシとは言えない。
だが、場は東の一局だ。東発で先手を取った親が…。
どう考えてもマトモな手筋とはいえないだろう――。

その河内の手牌を、北家が困惑顔で凝視している。
河内がクククと笑って、
「やっぱ、出るよなぁ、筋だもんなぁ」
北家の河を見ながら嘯いた。

8索を放銃したのは――北家だった。

中を鳴いての対々志向だったようだが、
man1m.gifman1m.gifman1m.gifman3m.gifman3m.gifman3m.gifman5redm.gifsou8m.gifsou8m.gifhakum.gif     (副露) tyunm.giftyunm.giftyunm.gif
一一一三三三五(赤)88白     中中中(副露)

ここで、生牌の白が対子になった。
man1m.gifman1m.gifman1m.gifman3m.gifman3m.gifman3m.gifman5redm.gifsou8m.gifsou8m.gifhakum.gif  ツモhakum.gif
赤五萬を打てば,8索と白のバッタで対々の聴牌だが…。
全体の河模様が、一見して筒子が安く萬子が高い場に見える。
だから赤五萬を残して、対々含みの混一に切り替えたわけだ。
5索の筋で通りそうな8索を対子落しにかけた――。

北家の手牌の状態から見て、
8索は配牌から対子だった可能性が高いと思った。

まだ北家は納得がいかないのだろう。
河内の手牌と顔を交互に睨んでは何度も首を傾げている。
裏ドラは無かった。
北家は溜息をついて卓の上に3900点の点棒をばら撒いた。

オーナーが私を顧みてニヤリと笑いかけてきた。
そして伏せていた手牌を立て、孤立牌の8索を指差して、
「一発でこれを持ってきた…。これで降りたよ…」
小声で告げてからサッと手牌を崩してリセットボタンを押し、
代走の役目は済んだとばかりに席を立った。

「……!?」
確かに、ど真ん中の5索は光っていたかも知れない。
しかしドラでリーチなら、跨ぎや筋は薄いとも考えられる。
本当に一発で8索を掴み、それで降りたのだとすれば…。

――私はオーナーを見くびっていたのかも知れない…。

考えてみれば、店には滅多に顔を出さないオーナーとは、
面と向って真剣に戦ったことなど無かったのだ。
好々爺の甘いイメージのみが先行しての思い込み――。
いや、オーナーの麻雀に対しての評価に、
一人合点の先入観があった。

そう気付いたとき、壁に貼られた注意書きが目に入った。
そして、以前に聞いたオーナーの話を思い出した。
それは――。

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

メンバー百景(1-M)

私の顰めっ面を見て吉田が訝る。
「どうしたんですか?」
私は卓に向って顎をしゃくった。
「見ろよ…」
「……?」
「河さんがダンマリだよ…」
「……あ!」
吉田も気付いたようだ。
河内の癖は私よりも吉田の方が熟知している。
河内が黙り込むのは捨て牌に仕掛けがある場合だ。
普段の調子でペラペラ喋っていると三味線になりかねない。
『マスターは代走だろぅ。振るなよぉッ…』の一言も、
いつもの調子で思わず発してしまったのだろうが、
仕掛けがあれば降り打ちを誘った問題発言だろう。
三味線になりかねないから慌てて口をつぐんだ――。
三味線まがいの軽口で何度もトラブルを起こしているから、
変則待ちの場合は慎重に言葉を選ぶようになるのだ。
河内がリーチをかけて無口になったら…。
――捨て牌の筋が危ない…。

河内のリーチは降り打ちを狙っている可能性が高いのだ。
腰の弱い客や代走のメンバー相手に仕掛ける陰険な罠だ。

代走の仕事は危険を犯してまで和了を拾うことではない。
先手を取られたら無理をせずに降りに回るのが常識だ。
河内の仕掛けは、そんな代走の心得を逆手に取る狡猾な打法だ。
ピンフーの両面待ちにできるような聴牌形でも、筋が掛かれば、
飜数を落としてまでカンチャンやバッタに受けることも多い。
ベタ降りの者が筋を頼りに罠に嵌って放銃すると、
それだけで、してやったりと小躍りして喜ぶ。
そして独り善がりの解説まで始めるから顰蹙をかう。

騙しの戦法を攻防の手段として活用するのは良しとしても、
必然性の無い仕掛けはマスターベーションでしかないだろう。
それは麻雀の技量――強さや上手さとは無縁の技だ。
ゲームの興を削ぐだけで、スカート捲りの児戯にも等しい。

東の一局の作為の待ちが納得できる聴牌形なら良いが…。
代走として降りに回ったオーナーが猿の罠に飛び込んで、
マスターベーションの餌食になる可能性が高かった。

――任せた以上、仕様がない…
吉田と一緒に猿の嬌声を聞く覚悟をするしかなかった。

そして数巡後――卓上で「ロン!」の声があがった。


テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

メンバー百景(1-L)

工藤君…と聞いて、
私はオーナーに代走を頼んでいる卓に目を向けた。
私が座っていた席はレジを背にする位置なので、
こちらからは麻雀を打っている人間の顔は見えない。
私の代走をしているオーナーは広い背中を前後に揺らしながら、
脇見もせずにひたすらゲームに集中しているようだ。
その対面の窓際の席に、喋りながら打っている猿顔の客がいた。
工藤君が辞める原因になった喧嘩の相手――河内だ。
その日、私は昼過ぎからずっと河内と同卓していたのだ。

「工藤君か…。今、何をしているんだ?」

私も吉田に合わせて声を潜めて訊ねた。

「プーですよ。ずっと高田馬場あたりで遊んでいたようです」

「高田馬場…?」

「ヤツのアパート… 早稲田通りを入ったとこだから…」

「そうか、そう言えば前は馬場の雀荘にいたって言ってたな」

「古巣を根城にして遊んでいたらしいんですけど…」

「その古巣じゃ働けないのか?」

「メンバーは揃ってるからって、断わられたそうです」

この店でも工藤君が辞めてから一週間もしない内に、
新しいメンバーを補充していた。
新しいといってもずぶの素人ではない。
以前に別の雀荘で吉田の下について働いていたメンバーで、
私も少なからず面識のある男だった。
歌舞伎町を離れていた彼を吉田が呼び戻したのだ。
だから、今のところ、この店の人員は足りている。
工藤君一人ぐらいなら雇えないことはないだろうが、
彼の場合、やはり辞め方に問題があるだろう。

河内は事件直後の一時期はよその雀荘に通っていたが、
最近は又、三日にあげず顔を見せるようになっていた。
吉田は客の折々のマナー違反に対しては頻繁に注意を促すが、
余程の事が無い限りレッドカードを切ることはない。
この一件にしても喧嘩両成敗のようなかたちで収めていた。
河内は自分にも非があったことを認めて水に流したらしい。
マナーを守ると約束したというが、まあ、性格は直らない。
現に今も対面で「ぼやき麻雀」を打ち続けているのだ。


そのぼやきが突然喜色の発声に変わった。

「リーチ!リーチ!親リー!」

河内がリーチをかけてきた。

「マスターは代走だろぅ。 振るなよぉッ…」

すかさずオーナーに揺さぶりをかけている。

オーナーが慌てて振り返った。
私に気付くと、

「天羽さん! 早く戻って…。親がリーチだってよぉ…」

手招きしながら席を立とうとするオーナーを、
私はレジの前にたったまま制止した。

「いいからやってよ。任せるから…」

「任せるったって…」

「好きに打っていいから…」

「いや、来て見てよ…。この手…」

すると下家の客が、

「任せるって言ってんだから良いじゃん」

戸惑うオーナーを引き止めて続投を促した。

渋々腰を下ろしたオーナーが、下家に急かされながら、
手番の牌をツモった。
そして首を傾げて固まってしまった。
どうやら一発で危険な不用牌を掴んでしまったようだ。

「うーん、いい手なんだが、親リーじゃなぁ…」

首を回してこちらを窺い、

「天羽さん…。勿体無いけど、降りちゃうよ…」

私は任せたのだから文句は言わない。好きにすれば良いのだ。
オーナーの視線をシッ!シッ!と手で追い払うまねをしながら、
わざとらしくそっぽを向いた。
その時――。
チラッと視界に入った河内の表情に違和感を覚えた。
なんだ…? 改めて見直す。表情だけではない――。
気付いた―。会話だ。河内の口の動きが止まっているのだ…。
常に軽口を吐いているはずの男が、なぜか無口になっている。
なぜ…?
私が弾き出した答えはひとつだった…。

――喰えない野郎だ…と溜息が出た。

つづく…

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。