**麻雀蒐穂録**

マージャンとはギャンブルとはゲームとは…そしてプロとは…!

遠い昔、歌舞伎町のけもの道を徘徊していた 畏怖るべきアウトロー達との交遊を
途切れた記憶の糸を紡ぎながら回顧録まがいに書き起こそうと思います。

 ※実体験以外に風聞や創作も加味するつもりです。フィクションとしてお読み下さい。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀の正解(4)


私は迷っていた。

落ち着いて冷静に考えてみれば、
S君との長い付き合いの中で私は一緒に麻雀を打ったことはおろか、
麻雀に関わる小話さえしたことが無いのだ。
彼の打ち手としてのレベルや麻雀に対する理解度も、一切知りはしない。
不意の質問の論拠、その見解と主張が的を射た整然としたものだったために、
私は彼の雀歴と雀力を過大評価してしまったのではないかと思った。
麻雀の話は適当にお茶を濁して切り上げたほうが無難なのではと考えていた。

勿論、彼はこのブログに書かれた文章の内容に疑問を持ったわけであり、
元はといえば、作者である私の表現力、文章力の未熟さが原因なのだろうが、
私自身が言葉というものをあまり信じてはいない人間だから仕方が無い。
記事は、伝えたいことの半分も伝わらないだろうと思いながら書いている。
読者からは「コメント欄が面白かった」などという感想メールも頂くし。
実際、私もそう思う…

私は取り敢えずスタート・ラインまで戻ることにした。
対応はその後に決めれば良いだろうと…

「S君、君はいつ頃麻雀を覚えたの?」

「え?」

「いや、君が麻雀を打つなんて、今まで一言も聞いてなかったから…」

S君はいつものハニカミ笑いを浮かべてみせた。

「覚えたのは高校生の頃です…親友がいて、そいつの家で覚えました…」

「ふ~ん、高校っていうと十五年以上前だよねぇ?」

「ええ、毎日そいつン家で、二人で奪い合って遊んでました」

「…? 二人で奪い合って…?」

「ウチにはファミコンが無かったから… 親父が厳しくて…」

「ファミコンって… ああ、ゲーム機で…覚えたわけね?」

「どうしても欲しくて、バイトして買っちゃいましたけどね、内緒で…」

「そうか… ファミコンかぁ…」

「それからは、毎晩自分の部屋で一人麻雀に熱中してましたよ」

「…ん? ひとりマージャン?」

「ええ、あれは一人だけしか打てないから…みんなそう呼んでいたんです」

「……!」

私は愕然とした。
近年の「一人麻雀」とはCPUを相手に一人で遊ぶ麻雀のことなのか。
圭佑も同様の受け取り方をしているとすれば、私はヤツに

「一局の正解の意味が知りたければ、一人でCPUを相手に遊べ…」

と訳の分からない提言をしてしまったことになる。

私の言った独り麻雀とは、四人分の摸打を独りで試行する麻雀のことだ。
まさかとは思うが、言葉の解釈は個々人の定義認識に委ねられる。
ヤツはあれからCPUを相手に一人麻雀を打ちながら悩んでいるかも知れない。
それはそれで、楽しく遊べていれば悪くはないが…


「最近、ウチの圭佑とは会ってるのか?」

私はいきなり話を折って訊いてみた。

「え? ああ、圭佑さん…ええ…時々は…」

不意を突いた圭佑の話題に、S君の目が泳ぐ。

「ヤツもファミコンは持っているんだろうなぁ…」

「さあ… それは存じませんが…多分お持ちだろうと…」

なるほど『存じません、お持ちだろう』ときたか…
知っている、持っている、最近そんな話をしました…ということだな。

笑顔だけが武器の誠実な男なのだ。尋問には耐えられない。
今回の私への質問の真意も、圭佑に聞いてブログの存在を知ってしまったが、
口止めされていることが苦しくなっての告発かも知れないと思った。

「今はパソコンがありますから…」

S君が目を伏せて補足する。
なるほど、圭佑はパソコンの麻雀ゲームで遊んでいるようだ…

「パソコンか… で、君の実戦デビューは?」

「え? あ、大学で、誘われて、初めて雀荘へ…」

高校時代の実戦経験は無かったと言う。親が怖かったのか…珍しいことだ。
在学中も社会人になってからも実戦の経験は極めて少ないのだと言う。
相手と面と向って戦うのは好きではない、苦手だと言う。
今は暇な時にネットで遊んでいるらしい。顔が見えないから良いそうだ。
穏やかで優しい性格なのだろう。もしくは只の小心者か…ねえS君!

さて、圭佑には、パーと麻雀牌のセットをくれてやらねばならないが…


S君への対処は…

「一局の正解という意味は、そのうちにブログで書くから…
 君のこともチョット話題に入れて…」

「え、本当ですか?」

「ああ、だから、俺のブログのことは内緒にナ」

「はい!」



以上がこの「麻雀の正解」という記事の起稿の経緯だ。

S君、削除したコーヒー豆のコメントは、記事の催促だろう?

今回は肝腎な「一局の正解」についてはなにも書けなかったが、

次回で纏めて書くから、面倒だけど…

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

麻雀の正解(3)

S君に対しては、圭佑のような無責任な対応はできなかった。

彼はこのブログの存在を知って以来、記事を読む際には、
常に私という書き手を意識しながら読んでいたはずだ。
何を思い、どんな気持ちで読んでいたかは分からない。

仕事の成り行きで以前よりは会う機会が減ってはいたが、
それでも月に二度か三度は必ず顔を会わせていた相手だ。
私に対してはいつも笑顔で接し、微笑みを絶やさぬ男なのだ。
笑顔には悪魔をも謀る魔力があると言うが…
不覚にもこの数ヶ月、彼の態度に変調を観た記憶はまったく無いのだ。

相手が女性なら、そう、美人なら表情の微妙な変化にも気付いたろうに…
気付いた上で、W厄マンなんぞに振り込んじまうこともあるわけだが…

まあ、艶っぽい教訓話はさておいて…

何だっけ…?そうかS君への対応だ。

彼の質問の内容や態度から察するに、私やこのブログに対して、
特に拒絶反応や嫌悪感を抱いているような雰囲気ではないわけだ。
私なら有り得ることと納得して読んでいたのかもしれない。
それならば問題は無いが…ん?微妙だな、なんか複雑な心境…

兎にも角にも、個人情報の流出拡散には歯止めを掛ける必要があった。
私を知る身近な読者などいらんのだ!彼だけに留めたい。
そのためには、誠意を持って対話し、交渉をしなければならなかった。
そうだ、これも読むだろうから念を押しておこう。
いいねS君! このブログは君の同僚や上司にも他言無用だぞ!
あ、上司といえばコーヒー豆は四種類、昨日受け取ったからね、有難う。

で、何だっけ?

そうだ、S君との問答だ… どうもいかんな今日は…

彼の「一局の正解」という表現に関しての疑問は予想通りのものだった。

麻雀とは四人の対戦者がそれぞれに与えられた条件を受け入れた上で、
取捨選択によって手役の完成速度と評価点の多寡を競うゲームですから、
正解は多様で、それは総て結果論にしかならないでしょうという、
理路整然とした、極めて論理的なものだった。

私はレポートの発表を聞く講師のようにフンフンと頷きながら、

「そうだ、それは正しい…が、それはゲームを実行した結果としての正解だ、
 一局の正解とは一局の必然的結果、天命という意味で使ったんだ」

普段は使わない天命なんぞという言葉を使って説明しようとした。
通常の語義としては天命も運命も同義で、さほどの違いはないと思うが、
私は便宜上、天命と運命とを使い分けることにした。
天命は不変の定め、運命は運を意識しての可変の定めとして…

「天命…?」

「山が決まり、全員の配牌が決まれば、当然その局の最終形も確定する
 その確定した事象が天命だ」

「……?」

「全ての牌の所在は定まっているんだ、正解は出ている、見えないだけだ」

「見えないのに正解ですか…? ポンやチーで変わるでしょう…?」

「選択の正誤の話じゃ無い、結果はひとつで既に決まっているということだ
 それ以外の結果は、総て失策に因る奉仕ということになる」

「言ってることが、よく…」

「解らん…?」

「はい」 

「麻雀の一局の終了は、誰かがあがるか、誰もがあがれないかの
 二つに一つしか無いだろう」

「……えーと、はい… あ、ダブロンは…」

「ダブロン?」

「それと、チョンボの場合も…」

「……(絶句)」

グーかパーかと言いたくなったが、深い溜息だけで耐え忍んだ。

だが、この後の驚きと落胆に比べれば、これはまだ序の口だった…


まだ…つづきがあるの…飽きたけど。

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

麻雀の正解(2)

諸般の事情により、新年の挨拶は控えさせていただきます。

少しは落ち着きましたので、前回中断した記事のつづきを…




それは名古屋で雀荘の店長を勤める女流プロのブログへのコメントだった。
普段はリズム感のあるコミカルな文章で明るい笑いを誘っている作者が、
その日は、麻雀に対する自分の無力感や悲壮感を吐露する記事を書いていた。

様々な努力に対して、その成果を返さない麻雀というゲームの理不尽さ、
無情さに打ち拉がれ、疲れ果て、麻雀に嫌忌の念さえ覚えてしまいそうだと
述懐するその記事を読んで、激励のコメントを認めたものだ。
麻雀の不条理性を受け入れることが大事だと、
気負わずに一歩下がって肩の力を抜くように…と、
アドバイスを含めたエールを書き送ったものだったが…

「おまえ、グーとパーのどっちがいい?」

私は圭佑の顔の前で、握った拳を開いて見せながら問いかけた。

「…!? な、なによ?」

ビクッと反応する圭佑に、

「寝惚けているようだから、目を覚ましてやろうと思ってナ」

圭佑は困惑顔で振り返ったが、私が笑っているのを見て安心したらしく、
ホッとした表情でボケを咬ましてきた。

「へへ、どっちも嫌だよ、チョキがいいや…」

「チョキがいい…?」

ジョークやウイットに富んだ会話は嫌いではない。
だが…

昔、ある組織の親分の前で同じボケを披露した機転の利く若者がいた。
無礼講とされた酒宴の席で、その若者は酷く泥酔していたらしいのだが、
親分にその醜態を咎められ、直立不動でグウとパーの選択を迫られた。

「自分は、できればチョキのほうが…」

戯れの返答が、虫の居所が悪かった親分の逆鱗に触れてしまったのだ。

親分には空手の心得があった…



「そうか、チョキがいいのか…」

私は二本の指をスーッと圭佑の眼前に突き出した。

「…!!」

不意の攻撃に思わず目を閉じ、椅子を軋ませて仰け反る圭佑に

「いいか、チョキが一番危険なんだ、だからグーかパーにするんだ…」

昔聞いた台詞をそのままに、脅しつけた。

件の若者は、今では一家持ちの親分になっているという。
見た目には判らないが、左眼の視力は殆ど失っているはずだ。


私は突き出した二本の指を畳んで、親指でディスプレイを示した。

「ほら、目を見開いて、もう一度俺のコメントを読んでみろ」

「……?」

「麻雀の正解なんてどこに書いてある?」

圭佑は素直に椅子を戻して、画面に目を凝らした。

「……麻雀の一局には正解が…」

「そうだ、一局の正解だ、麻雀の正解じゃない」

「一局の正解ってなによ?」

「それは…… 知りたいなら独り麻雀を打つことだ…」

「独り麻雀…?」

「ああ…独りで牌と向き合え、馬鹿でなければ解るだろう…」

圭佑との話はそこで打ち切っていた。

圭佑は麻雀というゲームの「正解」という言葉に魅かれたのだろう。
その後、どう理解し、どう対処していたのかは知る由も無かったが、
麻雀に対する興味を新たにし、S君を誘って卓を囲んでいた可能性がある。
そんな折に、ヤツの口からこのブログの存在が知らされたのだろう。


S君の質問の動機は、前述の私のコメントからでは無いと思われた。
しかし、このブログ内で「麻雀の正解」などと書いた記憶は無い…
少し前に一度だけ「一局の正解」と記した記憶はある。
停滞の二乗の中でのことだ。
多分そのことだろうと推測して確認すると、案の定だった。

「麻雀に、いや麻雀の一局に正解なんか有るのかと思ったもので…」

照れ臭そうに苦笑するS君に、私は諭すように言い添えた。

「正解が有るから麻雀なんだ、無ければ、麻雀にならないだろう」

麻雀の一局の正解とは、乱数によって確定された牌列による必然的結果だ。
壷の中の賽の出目、秘匿された確定事象のことだ。
麻雀の一局はそこに凝縮され、総ての悲喜劇はそこから始まる…

…つづく

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

麻雀の正解

先日、意外なところで、思いもかけない質問を受けてしまった。
「天羽さん、麻雀の正解ってなんですか?」
「なにィ?」
「麻雀の正解ですよ…」
「んなもの、あるわきゃねえだろうよ! あったら俺が知りたいよ」
「でも、ブログでは…」
「ブログぅ? ……!?」
私は…絶句した。
女房に浮気が発覚した瞬間の、入り婿の旦那のように狼狽した。

質問の主…取引先の社員のS君とは10年近い付き合いがある。
気心が知れているので、互いに言いたいことを言い合える仲ではあるが、
飽くまで仕事上の関係であり、私生活での交流はほとんど無いに等しい。
その時まで、二人で麻雀の話などをした記憶もまったく無いわけで、
私がブログを公開していることなど、彼が知るはずも無いのだ。

このブログの記事は私の過去の思い出、実体験の記憶を基に書いている。
気紛れで書いているが、公開している以上、取り分けて隠すつもりは無い。
が、内容が内容だ。
恥にはなっても、決して誇れるようなものでは無いと自覚している。
仕事の関係者に過去の生き様を知られるのは、あまり好ましいことではない。
だから、作者が私だと特定できるような人間には知られたくはないのだ。
しかし…S君はなぜか知っていた。だいぶ前から読んでいたようだ。

質問が「ブログの作者はあなたですね?あなたが犯人ですね?」
テキな容疑者扱いの誘導尋問ならば、
「なんの話だ?濡れ衣だ!俺は無罪だ!」
と知らぬ顔の半兵衛を決め込んで、逃げ躱していたかも知れない。
が、いきなり「あそこで買った凶器…あれは何処に捨てたの?」では、
供述書の段階だ。裏は確実にとられているに違いない。
今更、知らぬ存ぜぬは通用しないだろうと思われた。

知られてしまった以上は是非も無い。観念するのみなのだが…
質問の内容が麻雀の正解…とは?
はて? 同じような質問を以前に何処かで聞いた記憶が…

あッ!と思い出した。
「圭佑だ…犯人はヤツか…!」
このブログの存在をS君に知らせたのは、圭佑に違いないと確信した。
圭佑とは、時折事務所に出入りして私のPCで遊んでいる身内の人間だ。
本人は仕事をしていると言うが、データの送受信など10分もかからない。
大半はレシーバーをセットしてゲームやネットで遊んでいるだけだ。
普段はPDAを携帯しているが、事務所では私のPCに張り付いている。
時には深夜から早朝まで遊んでいる形跡もみえたが、特に咎めはしなかった。
私個人のメールにはアクセスできないように暗証を掛けているので、
メール関連は問題なかったのだが…

二ヶ月前、10月の末頃の事務所での圭佑との遣り取りを思い出した。

来客も無く、暇疲れで応接セットのソファーに横になっていると、
昼過ぎから長い時間私のデスクでパソコンを操作していた圭佑が、
ディスプレー越しに顔を覗かせて訊いてきた。

「オジさん、麻雀の正解ってナニよ…?」

ヤツは私をオジサンと呼ぶ。
軽薄な蔑称や馴れ合いの呼称ではない。血縁なのだ。
昔は、お兄ちゃんと呼び、叔父ちゃんに変わり、叔父さんになった。

「麻雀の正解? お前、麻雀なんかするのか?」
圭佑のギャンブルの趣味は競馬とパチスロだけだと思っていた。
ヤツの部屋は競馬関連の本やビデオやファイルで溢れているはずだった。
資料が部屋に入りきれないからと事務所の物置にまで山積みしている。
ギャンブル用の資料というよりは、競馬の歴史や馬の血統、戦績など、
馬そのものに関する物が多い。馬が好きなのだ。

「いや、しないよ…昔チョットやったけど、今はやんない」
「ああ、それがいい、なんでもかんでも手を出すな…」
私はソファーから起き上がって、ヤツの後ろにまわり、
何を漁っているのかと、ディスプレーの画面を覗いてみた。
ヤツが私のブログを承知していて、たまに開いて読んでいるのは知っていた。
だが御存知の通り怠惰なブログですから、ヤツも滅多にアクセスはしない。

見ていたのは白地のテンプレ…もちろん私のブログではなかった…
誰のどんなブログか、コメント欄を見ていたのでチョット解らなかった。
が、カーソルの矢印がスーツと動いて「amou0」の文字に重なった。

「これ、オジさんのコメントでしょ? 麻雀の正解って…」

確かに、それは私が書いたコメントだった。


済みませんが、中断します。

飛び-今度に言うど (To be continued.)


【Read More】

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

Xmas-Break

コーヒー・ブレーク…

ブレークの氾濫はクリスマスの朝…
ハート・ブレーク・ホテルのブレックファスト
Break of day
Break out
Break away
Break off with
Break down
Break forth
Break into tears…僕のコーヒー・ブレークは…
Break boundsのBreakだからと、聞きなれた…
Break in…
「トゥ マッチ… ルーイン ナ ヘルス(too much… ruin your health)」
気遣いを残して去って行った傷負い人…

Ruin… 
僕にとってそれは、まだ心地よい響きの単語だった。
ロックバンド”ANIMALS”の哀愁と退廃の旋律…
“HOUSE OF THE RISING SUN” の懐かしい歌詞の一節を
Break throughの朝日のなかで二杯目のコーヒーを注ぎながら
独り、冷静に口ずさんでいた。
「It's been the ruin of many a poor boy and God I know I'm one.」

だが…それから間もなく…
僕は“HOUSE OF THE RISING SUN”は元より
“DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD”
“BRING IT ON HOME TO ME”
“THE RIGHT TIME”
大好きだったANIMALSの総てのナンバーが聴けなくなってしまった。
Break into tears…
ANIMALSのシャウトを聴くと胸が締め付けられ涙が溢れてくるのだ。
永遠に癒せない心の傷の痛みに耐えかねて…
涙が…止めどなく溢れてくる… 

僕のクリスマス・ソングは21歳の冬から永遠に変わらない。
ANIMALSの…“I'M CRYING”
プロフィール

amou0

Author:amou0
H.N: 天羽 礼
年齢:知ってどうする?
職業:まとも、だから退屈で
   遊んでるようなもの
BT:AB型の二乗
生息地:深山幽谷&ネオン街
近況:迎えをまっている。
   出来れば天国から
   シースルーの羽衣の
   天女さまを希望…

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。